FC2ブログ
旅 時々 Photo ところにより にわか雨 
旅行と写真好きな管理人が、旅に関する色々な情報を自分勝手に提供します。☆☆現地情報やツアー情報等満載☆☆
ギリシャ・イタリアの旅 『 ギリシャ神話 』 編 その2

            - オリンポス12神 -

【ゼウスと兄弟姉妹】

ゼウス (英語名:ジュピター)
6人兄弟の末っ子だが、オリンポス神の最高神。天空だけではなく、全世界を支配する全能の神。
雷電を武器とする。浮気っぽい。

ハデス (プルートス)
ゼウスの兄。冥界の神(地下と死者の神)。冷酷非情な反面、厳格公正でもある。
彼が唯一愛したのが、春の女神ペルセポネ。

ポセイドン (ネプチューン)
ゼウスの兄。海の神であり、河川、泉、地震、馬の神でもある。馬を発明したので、競馬の守護神にもなっている。一見物静かに見えて、短気で怒りっぽい。三叉鉾をいつも手にしている。

ヘラ (ジュノー)
ゼウスの正妻。ゼウスの浮気に悩まされ、非常に嫉妬深いことで有名。結婚、出産、育児の神で
主婦と家庭生活の守り神として崇拝される。

デメテル (ケレス)
ゼウスの姉。農耕の神。豊作、凶作は彼女の気分次第で決まった。よく麦の穂を持った姿で現れる。ゼウスとの間に春の女神ペルセポネを生む。

ヘスティア (ヴェスタ)
ゼウスの兄弟姉妹の中の長子。かまどの神。12神の中で最も神聖な神として民衆の崇拝を受けた。穏やかで慈悲深い。


【ゼウスの子供たち】

アテナ (ミネルヴァ)
ゼウスとヘラの子。ゼウス最愛の子で、戦いの女神であり、知恵と純潔の女神である。
父から盾と雷を送られる。頭はいいが好戦的。

ヘファイストス (バルカン)
ゼウスとヘラの子。火と鍛冶の神。姿は神々の中で最も醜いといわれるが、一番美しい神と言われているアフロディーテを妻にめとっている。勤勉でまじめ。手にはハンマーとやっとこを持つ。

アレス (マース)
ゼウスとヘラの子。戦争の神。凶暴で流血を好んだので、神々からも人間からも嫌われた。
彼の従者に”恐怖” ”敗走” ”闘争”がいる。残忍で無思慮。アフロディーテとの不倫で
ハルモニア”和解 が生まれた。

アポロン (アポロ)
ゼウスとレトの子。太陽の神であり、音楽、学問、文芸の神である。竪琴と弓を持つ。
スポーツ万能、何故か失恋ばかりしている。シンボルの聖樹は月桂樹。

アルテミス (ディアナ)
ゼウスとレトの子。アポロンと双子の女神。月の神であり狩猟の神。潔癖症の処女神。男嫌いで
執念深い性格。いつも弓と矢筒をもつ。

ヘルメス (マーキュリー)
ゼウスとマイアの子。神々の使者。商業の神。頭の回転が早く、巧妙な策略家である。
2匹の蛇が巻きついた伝令の杖と鉢型の帽子と翼の付いたサンダルを身につけている。

アフロディーテ (ヴィーナス)
ゼウスとディオネの子。美と愛欲の女神。恋愛感情を起こさせる弓矢を持った息子エロスを連れている。

ディオニソス (バッカス)
ゼウスとセメレの子。ブドウとワイン、演劇の神。頭にはツタの冠やブドウのつるを付け、
ヒョウか小鹿の皮を着て、杖を持っている。野性的で激情的。12神には後から加えられた。


文献によって12神のメンバーが変わったり、少しずつ内容も変わったりするそうです。
ここではよく出てくる14人の神々について書いてみました☆

スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL

ディアナ作「ディアナの水浴」ディアナ(ディアーナ、ディーアーナ、Diana)は、ローマ神話に登場する女神。ギリシア神話ではアルテミスに相当する。南イタリアのカプアとローマ付近のネミ湖湖畔のアリキアを中心に崇拝されていた。古くから月|月神ルナ(ギリシア神話ではセ  [続きを読む]
神話の世界 2007/10/06/Sat 09:17




Copyright © 旅 時々 Photo ところにより にわか雨 . all rights reserved.