FC2ブログ
旅 時々 Photo ところにより にわか雨 
旅行と写真好きな管理人が、旅に関する色々な情報を自分勝手に提供します。☆☆現地情報やツアー情報等満載☆☆
デンマーク・スウェーデンの旅 『ストックホルム散策』 編 その2

『ストックホルム散策』 編 、次は新市街へ。
新市街

国会議事堂の前をガムラ・スタンと反対方向へ進むと、女王の通り ”ドロットニング通り” に
なります。
こちらは新市街です。ガムラ・スタンと違い、建物も近代的で買い物を楽しむ市民や
観光客で賑わっています。
ドロットニング通り 68
ストックホルム散策2-5

ドロットニング通りをさらに北へ向かうと、ストックホルムで最も近代的なビルが並ぶ
ストックホルムの中心広場 『セルゲル広場』 に到着します。
ここは、地下鉄の2路線が交差する ”T-Centralen”駅を出たところで、広場のすぐ前に
デパートもあり、この広場からヒュートリエットまでは市民のショッピングゾーンと
なっています。
セルゲル広場 68② 
ストックホルム散策2-2

ストックホルム散策2-1

セルゲル広場とヒュートリエットをつなぐ "セルゲル通り" は、CDショップやスポーツ店など
若者向けの店が立ち並んでいます。
セルゲル通り 68
ストックホルム散策2-4

セルゲル通りの突き当たりにある広場が ”ヒュートリエット” です。
ここでは市場が開かれ、色とりどりの花や果物や野菜が山積みになって売られています。
隣接する建物の地下に入っていくと、そこには魚やお肉の市場があります。
ヒュートリエット 68
ストックホルム散策2-7
レモンは週末になると、両親に連れられて、よくここに買い物に来ました。

魚屋には、日本では見られない、巨大な口と異様に長い体をした深海魚のような、
日本の子どもの魚のイメージをぶち壊すようなもの(魚)がたくさん売られていました。
バルト海には、なんて恐ろしいものがいるんだろうと思っていました。

肉屋では、日本の半額か3分の1の値段で肉が売られていました。
胃袋のサイズが違うのかいつも巨大な肉の塊を買うことになり、週末はいつも
ぶ厚いステーキが食卓に並びました。
(量り売りなのですが、私たちの言う量がスウェーデン人にとってあまりにも少なすぎて
言いにくいらしく、母はつい大買いをしてしまうのです。)

そして最後に地上に出て、リンゴ264を一人一つ買い、かじりながら帰りました。

クングス通り 68
ストックホルム散策2-3

ヒュートリエットに面している ”クングス通り” は、王の通りという意味です。

スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 旅 時々 Photo ところにより にわか雨 . all rights reserved.