FC2ブログ
旅 時々 Photo ところにより にわか雨 
旅行と写真好きな管理人が、旅に関する色々な情報を自分勝手に提供します。☆☆現地情報やツアー情報等満載☆☆
デンマーク・スウェーデンの旅 『レモンの思い出』 編 その1

既に度々お話していますが、レモンは子供の頃、家族でストックホルムに住んでいました。
それ程長くいたわけではありませんが、言葉もわからないくせに、毎日楽しく学校に通い、
すっかりとけこんでいました。言葉がわからないのにあまり不安に思うことがなかったのは、
両親がいてくれたからだと思います。(いえ、両親も言葉は・・・230。でも親が笑っていてくれると
子供は安心するものです239。)

今回、○年ぶりにストックホルムに戻ってきたので、昔のおぼろげな記憶を頼りに、
思い出の場所を巡ってみることにしました。
観光場所でもないのに、ひたすらレモンの思い出話を聞きながら、嫌な顔一つせず、
丸1日かけて一緒に探してくれたバジルに感謝です228
(ちなみにレモンは超方向音痴です。今住んでいる町は引っ越してきてもう3年がたつという
のに、まだ近所で迷子になる情けなさ・・・。そんな私の記憶といえば、そりゃあもう見事に
あやふやです6。思い出の地を探し出すのは至難の業なのです202。)

今回皆さんにお披露目したい場所は2箇所。
まずは、レモンの住んでいた家(アパート)からです。38

場所はSodermalm。市庁舎の斜め前!という好立地です189
最初はHuddingeというストックホルムからは少し離れた場所に住んでいたのですが、
また後日紹介する学校に通うため、引越してきました。
  ①
スウェーデン思い出1-1

  ②
スウェーデン思い出1-2

  ③
スウェーデン思い出1-3
①この一番手前が住んでいたアパートです。②は前を通り過ぎて反対側から撮影しました。
アパートの門を入り、建物の入り口の前を通り過ぎて振り返って撮ったのが③です。
夕日に映えて本当にキレイでした。189189189

そして、このアパートの一番のセールスポイントはなんといっても窓からの景色です。
見てくださいっっ!!!237178
スウェーデン思い出1-4

スウェーデン思い出1-5
当時はこの贅沢に慣れすぎて、ありがたみが分かっていませんでしたが、
もうこの景色は最高です。毎日こんな景色を見られるなら私の人生はそれだけで最高です。
実際は3階に住んでいたので、もっと向こうの街並みまで見渡せます。

ここからの景色は、季節ごとにいろんな顔を見せてくれます228

はだんだん日が長くなり、厚い雲が遠のいて、雲間から太陽の光がさして湖面も
キラキラ輝きます。(でもまだまだ寒いです!)

は青い空。ストックホルムの空の青は本当に美しいです。
そして以外にも夕焼けの時間も印象的です。白夜になるので、夕方のような時間帯が
長くなります。夜遅くまで外で遊ぶ子供たちの声が聞こえます。
(感覚が狂って、あぁもうこんな時間!って会話が日課になります。観光客にとっては珍しいし
観光するにも明るい時間が長いのは嬉しいことですが、この明るさ、寝不足になります。
特にシャッターや遮光カーテンはありませんから・・・202

は夏が終わってしまって、心になんとなく寂しさを感じます。窓の景色からも少しずつ
緑が減っていきます。長くて厳しい冬がある国の人々が感じるこの寂しさは、
私たちが考えるよりも大きいようです。(秋、冬は自殺者も増加傾向・・・。)

はあっという間にやってきます。メーラレン湖は凍ってしまいます。氷の厚さは車が通れる程。
時々、湖の真ん中でスケートをして楽しむ人を見かけましたが、わたしもせっかくなら
挑戦してみればよかったと、今になって後悔しています。
日中もほとんどずっと暗いままです。日照時間もさることながら、空は分厚い雲で覆われます。
私は短い期間の滞在なので、冬もクリスマスの飾り付けがキレイで好きでしたが、
やはり長年そこに住む人たちにとってこの太陽の少ない季節は厳しいようです。

最後に・・・

スウェーデン思い出1-6
ご近所のスーパーです。その頃からスウェーデンは環境問題に熱心に取り組んでいたので、
ビンや缶のリサイクルが定着していました。スーパーに持って行って専用の機械に投入すると、
お金が出てきます。それが、子供たちのおこずかいになるわけです。


今回の記事では長々と思い出話を書いてしまいました。きっと思い出めぐりPart2もこんな感じ
になるでしょう・・・。
このブログは旅行と写真関連をテーマにしていますが、スウェーデンは特別っということで、
こんな形の記事にしてみました☆

スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL

●日本の常識は地球の非常識
今年2月。南極海で日本の捕鯨調査船 日新丸は火災を起こした。しかし、報道されなかった(隠された)問題がある。火災を起こした際のオイル漏れから回りの...  [続きを読む]
イルカからのメッセージ 2007/04/06/Fri 10:02




Copyright © 旅 時々 Photo ところにより にわか雨 . all rights reserved.