FC2ブログ
旅 時々 Photo ところにより にわか雨 
旅行と写真好きな管理人が、旅に関する色々な情報を自分勝手に提供します。☆☆現地情報やツアー情報等満載☆☆
スウェーデン・フランス旅行 『 2日目(9/13) ガムラスタン散策 』
レモンバジルが大好きな街、ガムラスタン  

(過去のガムラスタンの記事はこちら

ガムラスタンは旧市街なので小さな路地が入り組んでいます。


ガムラスタン散策12-01

あっちをキョロキョロ、こっちをキョロキョロ
半分迷子になってますが(レモンは完全に迷子になってますが)、迷子になって歩くのも楽しい  

ドイツ教会(TYSKAKYRKAN) ★☆☆  ②
ガムラスタン散策12-05

ガムラスタン散策12-04

ガムラスタン散策12-02 

ガムラスタン散策12-03  

1565年、フィンランンド人のギルド集会所として与えられた場所で、その後はドイツ人が聖ゲアトルードを祀り、教会に改めた。漆黒の説教壇にはアラバスター製の使徒と天使の彫刻が施されている。

中は広くありません。イタリアやフランスの教会ほど黄金がいっぱい!豪華!!ってこともありませんが、シンプルな外観とは異なり、金、木、石、ステンドガラスが素晴らしく調和しています。
観光客もあまり中まで入ってこないのか、人が少なくとても静かで厳かな雰囲気でした。
(写真を撮るのもはばかれるかんじで、静か~に移動して少しだけ撮影しました)


ストール広場  ★☆☆  ③  
ガムラスタン散策12-07 

色も形も少しずつ違う建物が並んでいて可愛い雰囲気ですが、このどんより雲の下ではそれも伝わりませんね
(でも、よく絵はがきの写真にも使われるところなのですよ

そして写真の右端、このストール広場に面して建っているのがノーベル博物館です。
前回、スウェーデンに来た時は、まだありませんでした。

ノーベル博物館 ★☆☆  ④
ガムラスタン散策12-06  

こちらの博物館では、ノーベル賞の歴史や歴代受賞者などの展示が行われています。
でも、ここを訪れる人の目的はそれだけではありません。
博物館の中ではノーベル賞授賞式の晩餐会で出されるアイスクリームが食べられるカフェがあります☆

今日は時間がないので入れないけれど、この旅行中に必ず食べにこよう~


 

ガムラスタン散策12-09 

ガムラスタンは10年前も既にストックホルムで一番人気のある観光地でしたが、以前と比べて観光地化した感じで、並んでいるお店が派手になっていました。雰囲気に合ってないお店も・・・ メインストリートには MADE IN SWEDEN が見当たらないお土産屋さんがたくさん(昔ながらのお土産屋さんを移民の方が買って営業している店が急激に増えたのだそうです)
以前はどれだけ観光客がいても、並んでいるお店が昔ながらの雰囲気をかもし出していて素敵だったのになぁ・・・。
もちろん今も雰囲気のいい街ですが、以前の姿を知っているレモンバジルはやっぱり少し残念で悲しい気持ちになってしまうのです

話がそれましたが、こちらのお店はそんな中でも10年前と(レモンの子どもの頃と)同じ雰囲気でいてくれたお土産屋さん☆
メインストリートから一歩中に入るとまだまだ静かな雰囲気が残っていました☆
伝統の朱色のダーラナホース(ダーラナヘスト)が並んでいます
意外とお値段がするのですが、でもやっぱり今回も買って行くつもり
家にあるダーラナホースのサイズもしっかり測ってきました
(ダーラナホースもね、新しいタイプがたくさん増えて、この昔ながらのもの、質のいいもの、を探すのにとても苦労しました

ガムラスタン散策12-08

ガムラスタン散策12-10 

ガムラスタンは歩いて、周りを見ているだけで楽しくなってきます  
   
 
⑤大聖堂
ガムラスタン散策12-11 

くるくる周って、王宮の横までやって来ました。

 
フィンランド教会裏庭のアイアンボーイ ★★☆   ⑥
ガムラスタン散策12-12

今回の旅行の大きな目的のひとつ、アイアンボーイです

(大きな目的って・・・バジルさんにとって!ですよ~ ★2つ!(=時間があればもう一度行きたい)の評価をつけたのもバジルさんですよ~ アイアンボーイの隣に笑顔でしゃがむバジルさんを皆さんにもお見せしたい~

前回来たときには知らなかったのですが、最近は旅行者の間でひそかな人気があるようです

これ、実物を見てみるとすごく小さいんです タバコの箱より少し大きいくらいの大きさです。
しかも、フィンランド教会の裏庭にあるので、探し出すのも一苦労! 

ガムラスタン散策12-13 

 

今日のお散歩はここまで!


K先生との待ち合わせがあるのでホテルに戻りま~す


⑦ガムラスタン駅
ガムラスタン散策12-14 

ガムラスタン散策12-15


ガムラスタン2 


  
にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると励みになります☆


 

 
スポンサーサイト





スウェーデン・フランス旅行 『 2日目(9/13) シェップスホルメン(博物館島) 』

シェップスホルメンには、こんなにたくさんの博物館があります。

しか~し!!レモンバジルは博物館には目もくれず、レストランを目指します
(腹が減ってはなんとやら~です

博物館島01
 

博物館島02 

各博物館は丘の上にあります。朝からずっと歩きまわっているレモンバジルにはちょっぴり辛い階段です

博物館島03 

博物館がいくつもあるので、入り口の名前を確認しながら目的の現代美術館を探します。

現代美術館内のレストラン
博物館島04

現代美術館に併設されたレストランは、お昼時間を少し過ぎているのにほぼ満席!
レモンバジルがわざわざこのレストランに来た理由は、

こちらの景色↓  
博物館島05 
博物館島07

ヴァーサ号博物館やスカンセン野外博物館などがあるユ-ルゴールデン島が湖の向こうに見えています。 

博物館島06 

お食事は並んでいる料理の中から自分の好きなものを選ぶシステムです。
(でもイマイチよくわからなくって上手く選べなかった・・・ でもこの景色が見られたら、ランチの内容は気にならず~


素晴らしい景色にテンションも

でもこの後、少し怖い思いをすることに・・・

不穏な動きをする男二人組がレモンの後ろの席に座り、横のイスの背もたれに上着をかけるフリをしてレモンのうしろに近づいてきます。何度もレモンの方に体を伸ばす男・・。レモンのイスに当たるくらいに自分のイスを寄せてもたれかけてきます。
レモンが”後ろの人が何だか背中に当たるな~変だなぁ~”と思った時、バジルがぴんっときて”カバンをこっちに!”と受け取りました。

その二人組は別の席に移動していきました。

スリです。

(レモンは海外ではカバンは膝の上におき、紐は自分にかけるようにしているのですが、ちょっと浮かれてここはストックホルムだからと油断して、隣のイスを自分に近づけ、そこに紐を通してカバンをおいていたのです。今、とても反省しています ただし、チャックは簡単に開けられないように工夫してあります

最近は、スウェーデンでも移民が増えてきて、犯罪が増えてきているようです。
 (注:移民=悪だと思っているわけではありません)

他国からスリ集団がグループごと仕事?をしにやってきたりもしているそうです。

レモンが住んでいた○○年前はこんなに注意しなくてよかったのに・・・。悲しいです

この後、レモンバジルは一段とスリを警戒するようになりました。
レモンも昔の美しい記憶ばかりに捉われて浮かれてばかりいないで、しっかりしゃんとしました 

  

ランチも食べ終わり、現代博物館の外へ。
博物館島09

ガラス張りになっているのがレストランのあった場所です。

緑が美しく、景色も素晴らしく、お腹もいっぱい☆ 島を少し散策していくことにしました。 
(さっきの怖い記憶は反省と注意をしつつも、怖がりのレモンは忘れることにしました

博物館島08  
 
やっぱりイベントをしていたのですね~

博物館島10

湖岸沿いにはたくさんの船が泊まっていて、どの船も個性的で素敵です。 

もしかして住んでいる人もいるのかしら・・・

もしかして、もしかして、これ ↓ はそんな方たちのポスト?

博物館島11 

博物館島12 


さっき王宮側から見ていた、シェップスホルムス橋を渡ります。 
博物館島13

こちらがシェップスホルムス橋からの景色。

写真担当のレモン、あの美しい絵はがきを目指して” 王冠&ガムラスタン” の写真に挑戦 !!

人や車の往来が多く、カメラの性能の限界もあり、この写真が限界でした。 

博物館島14 

この辺りは、どちらを向いてもきれいな景色なので、あっちこっちを写真に取りまくるレモン
そんなレモンをバジルが引きずりながら、王宮のあるガムラスタンへ向かいました 

(ストックホルムにいる間中、バジルはレモンを引きずって歩かなければならなくなりそうです)     
  
にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると励みになります☆    

 


スウェーデン・フランス旅行 『 2日目(9/13) 衛兵交替式 』

一度、ホテルに荷物を取りに帰り、次はいよいよストックホルム散策へ
(実は夜にK先生をはじめお世話になった先生方にお会いする予定なのですが、日本で楽しくお土産を買ってるうちに大荷物になってしまって とてもヴァックスホルムに持っていけなかったのです~) 
 
朝、船乗り場まで散歩したのが遠い昔のようですが、私たちはまだまだ元気!
今度は王宮までお散歩です

①Stureplan広場周辺
ホテル~衛兵交替式~博物館島01


Stureplan広場にあるこの建物には、『SPY BAR』という人気のバーがあり、 週末は賑わいます。
ストックホルム滞在中は何度もこの前を通りました☆

②Biblioteks通り
ホテル~衛兵交替式~博物館島02 

Biblioteks通りはちょっとしたショッピングストリートになっています。道がきれいで車も通らないので、
ショッピングをするには最適です。

面白いディスプレイにくぎ付け
ホテル~衛兵交替式~博物館島03 


③王立公園のカール12世像
ホテル~衛兵交替式~博物館島04 

春には桜の花がとてもきれいなのだそうです。
このカール12世像の向こう側に見えている建物はデパートのNKです。
ストックホルムのデパートの中でも一番高級感があるデパートです。

さっきまで、少しは青空があったのに、こんなおどろおどろしい空になって・・・
やっぱりさっきバスで遭遇した雨雲が追っかけてきたのかも・・・
 

④王立オペラ劇場(ガムラスタンへ向かう橋の上から)
ホテル~衛兵交替式~博物館島05 


⑤王宮 (過去の王宮の記事はこちら
ホテル~衛兵交替式~博物館島06 

少しホテルで休憩したので、王宮に着いたころには衛兵交替式が始まっていました。

ホテル~衛兵交替式~博物館島07

ホテル~衛兵交替式~博物館島08

ホテル~衛兵交替式~博物館島09

ホテル~衛兵交替式~博物館島10 

う~ん・・・何だか以前とは違う・・・
規模が小さいし・・・地味だし・・・
前回見たときは衛兵の皆さんが馬に乗っていてすごく迫力があったのになぁ。今回は騎馬隊はいませんでした。
あれは夏だけだったのかなぁ~と思いつつも、でも子どもの頃はいつも騎馬隊がいた気もするし・・・
ちょっと残念
でも観光客の数は以前よりも増えていました

(女性の部隊?もあってさすがスウェーデンと思ってみたりして

過去の衛兵交替式の様子はこちら

⑥王宮から湖側
ホテル~衛兵交替式~博物館島11   

この辺りは観光バスのお客さんが乗り降りする所になっているみたいで、凄い数のバス
左に曲がった所にもバス!バス!バス!
ちょうど衛兵交替式の時間帯だから余計なのかな。

向こうに見えるのはシェップスホルメン。別名、博物館島。
その名の通り、いくつかの博物館や美術館があります。

左の建物から右のシェップスホルメンへと続く橋の中央には金色の王冠があります。
街でよく見かける、金の王冠と王宮が一緒に写っている絵はがきはそこから撮影したものです。

街と湖の景色がとても素晴らしく、しばらくあっちを見たり~こっちを見たり~なかなか動けない
ホテル~衛兵交替式~博物館島12  ホテル~衛兵交替式~博物館島13 
⑦対岸にあるグランドホテル
ホテル~衛兵交替式~博物館島14  
⑧シェップスホルム方面 
ホテル~衛兵交替式~博物館島15 

お昼もとっくに過ぎお腹もペコペコになったので、ランチを食べにシェップスホルメンへ向かうことに。
移動手段はまたまた徒歩
(ホント、外国へ行くとよく歩くレモンバジルです

左の白い帆船はホテルになっています。
中が興味あるけれど、もちろん入れないよなぁ~って思ってたら、後でK先生にお聞きしたところ、この日は偶然にもシェップスホルメンでイベントがあったので船の中も見学できたのだそうです
あと100m近づけば気づいたのに~ 残念っ

ストックホルム地図2 
  
   
  
にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると励みになります☆


  


スウェーデン・フランス旅行 『 2日目(9/13) ストックホルムへ 』

2010年 2回目の更新です
(どれだけサボってるんですかっ!!)

ヴァックスホルムからはバス&地下鉄でストックホルムまで帰ることにしました。
 (たっぷり時間があったらまた船で帰りたかったなぁ・・・

早速バスに乗り込み、まずはヴァックスホルムから地下鉄テクニスカ(Tekniska HÖgskplan)駅まで出発
(普段の旅行では路線がわかりにくいバスは敬遠しがちなレモンバジルですが、ストックホルムは慣れてるのでバスもどんどん利用

ストックホルムへ向けてすがすがしい太陽のもと、窓の外の景色を楽しんでいると・・・何やら雲行きが・・・・

そして、突然、台風かと思うほどの豪雨に!!

この先の旅行が不安になりましたが(なんて言ったっていつでもどこでも降られる私たちですから~)、30分ほどで雨はやみ、テクニスカの駅に到着する頃には青空も出てきました☆
(でもこの雨雲、ストックホルムまで追っかけてこないといいけど・・・)

ヴァックスホルム~テクニスカの駅まで時間はだいたい1時間くらいだったと思います。

ストックホルムへ1
 

ここから地下鉄に乗り換えて、ストックホルム中心部へ!

スウェーデンの地下鉄は、デザインの国!? だけあって
各駅がそれぞれ色々と装飾されていて美術館のようになっています

このテクニスカの駅もご覧の通り。
ストックホルムへ4 


今回の旅行では、地下鉄の駅巡りを計画をしてますので、後日まとめて紹介しますね


   


 
にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると励みになります☆  
             




Copyright © 旅 時々 Photo ところにより にわか雨 . all rights reserved.