FC2ブログ
旅 時々 Photo ところにより にわか雨 
旅行と写真好きな管理人が、旅に関する色々な情報を自分勝手に提供します。☆☆現地情報やツアー情報等満載☆☆
スウェーデン・フランスの旅 『 2日目(9/13) ヴァックスホルム④ 』
教会をやっと離れて再び歩き出した二人。

この小さな街には、でも時々素敵な発見があります。

こんな↓羊さんとか

ヴァックスホルム4-1



教会からまた坂道を上がっていくと、大きくて立派な建物が見えてきました。

お屋敷かなぁ~? (またも覗き込む二人・・)

日本のガイドブックにはヴァックスホルムのことはちょびーっとしか載ってないので、港の要塞以外はいわゆる”観光名所”はわかりません。
”観光名所”にしばられることなくお散歩が楽しめるのも、ゆったりとした時間が流れて素敵なのです。ですが、あれ何?って思った時は入っていいかダメなのか判断が難しくて・・・
ただし、この日の二人はいつもとは違います。 とってもご機嫌さんなので勢いがあるというか・・・つい覗きに行っちゃって

そんなわけで、立派な建物なので早速覗いてみることに  ・・・裏口でした


ヴァックスホルム4-2 


こちらが正面のようです。 

 ヴァックスホルム4-3

門から建物まで十数メートルありました。  ここもだ~れもいませんねぇ



始めに行った小さな港と反対側にやって来ました☆
あちらとは少し雰囲気が違うけれど、こちらもまた素敵なお家と覗いてみたくなるお庭がいっぱいです

⑩ この辺りでレモンが一番目を輝かせて覗き込んでいた家!!  (苦労しました・・

ヴァックスホルム4-4 
ヴァックスホルム4-6 

なんて素敵な・・・
あんな所でお茶を飲みたいなぁ~
あっ!レモンの好きなナスタチウムがアーチをつくってる~

当分離れそうもないので、引っぺがしました

そしたらその向かい側のお家(左写真)の窓辺も気に入った様子

ヴァックスホルム4-5 ヴァックスホルム4-10

ずるずる引きずって、塀からひきはがしました

その後も幾度も立ち止まり~ (右写真のお家も気に入った様子でした。駆け寄りそうになったので首根っこをひっつかみました


素敵なお家たちがある丘から坂を下って行くと、メインストリートが見えてきました☆

あっ!人がいる!!

ヴァックスホルム4-7


⑪メインストリート

ヴァックスホルム4-9 

これが?メイン?ストリート??って声が聞こえてきそうですが・・・まだ朝早いですしね週末ですしね

だって見てください。この街のお店のオープン時間 

ヴァックスホルム4-14 日曜日は12時~15時。 3時間だけ?!

ヴァックスホルム4-8 

お店は当分開きそうにないので(どんなお店か覗く楽しみだけ)、街の広場の方に行ってみました。インフォメーションがあるのです。
開いてるかな・・・
 

⑫インフォメーションと広場

ヴァックスホルム4-13

インフォメーション
ヴァックスホルム4-11 ヴァックスホルム4-12

やっぱりまだ開いてませんでした

広場のお店もまだまだ開く気配はなく、この街が動き出すのはまだまだのようです。
(週末は動かないのかもしれませんね。夏のシーズンも終わっちゃってますしね。)

休憩がてら開くのを待って入ってみたインフォメーションは、この大きな建物の1階左半分だけで、とーっても小さなところでした。
 

⑬ 再びメインストリートへ

ヴァックスホルム4-15 

結局お買い物が出来ないまま静かなメインストリートを通って、最初の港のホテルに戻りました。

の~んびり歩いて、寄り道いっぱいして、かかった時間 約2時間

でも心には色んなものを詰込めました

 
⑭途中で見つけた船のガソリンスタンド

ヴァックスホルム4-16 




ヴァックスホルム1-4 

最後の今回は⑨~⑭まで散策して、①の港に帰ってきました。 


 
にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると励みになります☆  
             
 
スポンサーサイト





スウェーデン・フランスの旅 『 2日目(9/13) ヴァックスホルム③ 』
小さな港からすこし行くと、周りの雰囲気は少し変わります。
どれもかわいらしいお家ばかりだけど、スウェーデンの伝統的な赤や黄色の家が少し少なくなります。 

(これまでで出会ったのは、船着場周辺にいた人を除けば・・・犬をお散歩させていた人1人と、2階の羊の旗が飾ってあるベランダでお茶をしていたおばあさんだけ

爽やかな風と木漏れ日が心地よく、本当に気持ちのいい時間でした。

 ヴァックスホルム3-2 ヴァックスホルム3-3

気持ちがいい木立の中を歩いていくと、左手には公園、右手の丘の上には大きな建物が建っていました。

この青い遊具、登っていくとどうなるのかしら??
ヴァックスホルム3-4 ヴァックスホルム3-5


丘の上の立派な建物がだんだん気になってきたので、登ってみると・・・・・
ただのカフェでした (頑張って登ったのに・・騙された!  ←勝手に勘違いしただけ!) 


⑤幼稚園?保育園かな?

ヴァックスホルム3-6
 

騙されたね~と話しながら建物の裏側まで行ってみると、幼稚園?保育園?がありました。

やっぱりここも土不足?遊び場は”お砂場”じゃなくて”岩場”になってます


⑥小学校

ヴァックスホルム3-7


丘を下り、公園の回りを歩いていると小学校を発見! 今日は日曜日なので誰もいません。

⑦塔

ヴァックスホルム3-9 

小学校の横の坂を登っていくと、目的の塔にたどり着きました☆

あれぇ~塔に行く道がないね~って話しながら、これは道?!って思うような木々の間の細い上り坂を登っていくと、なんと、『私有地』 という看板がたっていました。

えっ?!ここって私有地なの?!

(わざわざ看板があるって・・・間違って見学しに来る人が多いんでしょうね。レモンバジルのように・・・

こんな立派な塔が個人の?なんてビックリです。


再びちゃんとした”道”に戻ってお散歩の続きです。

屋根の上のジジ (黒猫)               こんなベランダがあったらいいなぁ・・・
ヴァックスホルム3-8 ヴァックスホルム3-10

街の真ん中には広~い公園がありました。

ヴァックスホルム3-11


近くの小学校もここを運動場代わりにしているようです☆


⑧教会

公園の中の道を通って、教会の敷地裏手から中に入りました。

ヴァックスホルム3-12
 

正面に回りこんで見たり・・・
ヴァックスホルム3-13
 

あの不思議な赤い塔が目に入って、また敷地内に入ってみたり・・・
ヴァックスホルム3-1 

教会周辺をウロチョロするちょっと怪しい二人?(前の道を時々通る車以外に他に人がいないから目立つのです

でもこの赤い塔、結局何かわからずじまい。
納屋?倉庫?にしては不思議な形です 。


⑤から⑧までやって来ました☆
ここから、⑨⑩に向かってきつい坂を登っていきます。

 ヴァックスホルム1-4



にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると励みになります☆  
            


スウェーデン・フランスの旅 『 2日目(9/13) ヴァックスホルム② 』


民家の間の細い路地を入っていくと、目の前に小さな港が現れました。

③小さな港

みんなのボートが係留されています。

ヴァックスホルム2-1 

更に家々の横の小さな小さな路地を入っていくと・・・ 

 ヴァックスホルム2-2 ヴァックスホルム2-3

湖?海?のすぐ側に出ました!

ヴァックスホルム2-10 

ちょうど写真左の岩場のあたりです。

夏にはここで泳ぐ人がたくさんいるそうなのですが、スウェーデンの9月はやっぱり泳ぐのは無理なのかな? 誰もいませんのでした。
(レモン=日本人がぶるぶる震えている時に薄着のまま外で読書をしたり、真冬にアイスクリームを食べたりするスウェーデン人でも、さすがに今泳ぐのは無理なのかぁ・・とちょっとビックリした自分に、ビックリ?)

小さな湾をぐる~っと歩いてみました。

ヴァックスホルム2-7

ヴァックスホルム2-11 

この小さな港の風景は、ヴァックスホルムのパンフレットなどに必ず載っている景色です。 


ニルスのふしぎな旅
ヴァックスホルム2-4


屋根の上にいたのは、今度こそ、白ガチョウに乗ったニルスです。

青い空がとってもよく似合う 

(このお家だけじゃなくて他のお家でも、屋根や塀なんかに色んな飾りがあって素敵でした


実は今になって・・・・・ですが 、最近のレモンの愛読書は 『ニルスのふしぎな旅 』 です。
(帰国してからスウェーデンの色んな物語を読みたくなって・・。)
子どもの頃に読んだのは絵本でしたが、もう少しストーリーがしっかり読めるものです。
え~大人のくせに今頃?!って馬鹿にしてはいけません!ちゃんと読むと、以外に勉強になるのです。
スウェーデンの色んな地方の暮らし、地理、ちょっとした歴史なんかを知ることが出来ます。読んでいるとスウェーデンの色んな風景が見えてきますよ!
きっとスウェーデンの地方を旅したことがある人なんかも楽しく読めると思います
(バカにしちゃだめなのですよ!)


ポストも海辺の街らしく
ヴァックスホルム2-5 ヴァックスホルム2-6

スウェーデン国旗
ヴァックスホルム2-8 ヴァックスホルム2-9

スウェーデンの街を歩いていると、よく国旗を目にします。(日本ではあまり見ないですよね)

スウェーデンカラーの青と黄がこの国には本当によく似合います  


秘密基地があるお庭
ヴァックスホルム2-12

お庭の木の上に秘密基地(秘密にはなってないか・・・)がありました
こんなのが自分の家のお庭にあったら、なんて素敵なことか

(レモンなら大人になった今でも登ってそうです・・・・・・  バジル

他にも大きなトランポリンがあるお庭とか! 子ども達には最高の遊び場ですよね


門番
ヴァックスホルム2-13 ヴァックスホルム2-14


④教会

ヴァックスホルム2-15


ヴァックスホルム1-4
 

③から④までやって来ました☆  
 


にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると励みになります☆  
            



スウェーデン・フランスの旅 『 2日目(9/13) ヴァックスホルム① 』


ヴァックスホルムの港に着いたのは9時半頃。

朝のお散歩へ出発です

まずは街の地図でお散歩コースを相談。

ヴァックスホルム1-3

港から赤い塔らしきものが見えたので、そこを目指すことに決定!!!

(記事の下に地図の拡大を載せました。歩いたコースと写真の場所を番号で書いてあります。照らし合わせてご覧くださいませ


①港周辺

ホテル
ヴァックスホルム1-1

ちょうど港の前にあります。


ヴァックスホルム1-2  

待合室からピーンと伸びる紐

犬くんは外で探し物?、飼い主さんは中で時刻表のチェック。

相手のことは全く気にせずに、お互い好きな方向に進んだ結果・・・です

(犬くんは飼い主さんが待合室に入ったことを、飼い主さんは犬くんがついてきていないことを、どうやら気づいてない様子

街の小さなロータリー
ヴァックスホルム1-5

大きな木の下に小さな小人の国があるような気がします

ヴァックスホルム1-6
 


②さぁ!港から東周りで街散策スタート!! 

ヴァックスホルム1-7
 

歩く人もいない、の~んびりとした時間が流れています。

ヴァックスホルム1-8
 

レモンの住んでいた地域も、ここも、岩の上にうっすら土がある、といった地形です。
岩の上に家が建っているようです。
 

ヴァックスホルム1-9
 ヴァックスホルム1-10

ヴァックスホルム1-11
 ヴァックスホルム1-12

港のホテル前を出発してから、まだ誰にも出会ってません

たくさんの可愛らしい家、素敵なお庭、物語に出てきそうな街並みにレモンは大興奮 !!!

あ!あのお庭見て! あ!あっちのお花見て!  あ!あ!あ


ヴァックスホルム1-13

ヴァックスホルム1-14 

失礼かな~と思いつつも、つい覗いてしまう素敵なお家

ヴァックスホルム1-15 ヴァックスホルム1-16 


 ヴァックスホルム1-4

まずは①港を出発して②あたりまで


 
にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると励みになります☆  
            



スウェーデン・フランスの旅 『 2日目(9/13) ヴァックスホルムへ 』


ヴァックスホルムに向けていよいよ出発です!

港~ヴァックスホルム1

船は想像以上のスピードでぐんぐん進んでいきます 。

港~ヴァックスホルム4

船の上から見るガムラスタン(Gamla Stan)。
北欧のヴェニスと言われるだけあって、水と街がとってもきれいに調和しています。

港~ヴァックスホルム2 港~ヴァックスホルム3

スルッセン(Slussen)やスカンセン(Skansen)を通りすぎて、船はますますスピードを上げていきます  

港~ヴァックスホルム5 

写真の左端がシェップスホルメン、右がスカンセンやヴァーサ博物館(写真中央の四角い建物)があるユーロゴーデンです。

キリンさん
港~ヴァックスホルム6


いつもキリンのようだねと話しているこのクレーン。本当にキリンに変身しているのは初めて


港~ヴァックスホルム7


シリアラインの乗り場
港~ヴァックスホルム8
 港~ヴァックスホルム9

港~ヴァックスホルム10
 港~ヴァックスホルム11

港~ヴァックスホルム12
 港~ヴァックスホルム13

港~ヴァックスホルム14


バジルさんが急にあれ撮って!!!というので慌ててカメラを向けたその先には・・・・・噴水の上で踊る・・・・・誰
最初の停留所のそばです。

港~ヴァックスホルム15
 港~ヴァックスホルム17

フィンランド⇔スウェーデンを行き来するシリアライン(Tallink Silja Line)

どちらも見上げる大きさ まるでクジラと・・・・・イルカ

いつか乗ってみたいなぁ~・・・・・・・

港~ヴァックスホルム16


さすがは 『 ニルスの不思議な旅 』 が生まれた国。 (でもニルスが乗ってるのは白ガチョウです

レモンお気に入りの一枚です

(といっても今回の旅ではお気に入り写真がいっぱいです 撮った枚数も尋常じゃないけど・・・

港~ヴァックスホルム18

スウェーデンの皆さんは結構普通に別荘とボートを持っています。ストックホルム付近には小さい島が無数にあるので、皆さん週末になるとボートに乗って島にある別荘に向かいます。

生活にゆとりを感じて、ちょっと羨ましいです

港~ヴァックスホルム19


港~ヴァックスホルム20
 港~ヴァックスホルム21

港~ヴァックスホルム22

船はスピードを落として停留所に近づき、誰もいないことを確認すると止まることなく猛スピードでそのまま出発します なので、船と同時に停留所に着いていては間に合わないのです

ここは唯一船が止まったところ。お客さんが一人降りていきました。お迎えには犬が一匹。


太陽の光に輝く湖と森、その中に点々とあるかわいい別荘    

そんな景色を楽しんでいるうちに、あっという間にヴァックスホルムが見えてきました。

港~ヴァックスホルム23
 港~ヴァックスホルム24

港~ヴァックスホルム25


ヴァックスホルム要塞博物館
港~ヴァックスホルム26


街から要塞までは船で向かうのですが、今回は街からのこの眺めを楽しむだけにしました。 

私たちが乗ってきた船 (9時25分到着)
港~ヴァックスホルム27

スウェーデン旅行と言うと、旧市街を散策して~ドロットニングホルム宮殿に立ち寄って~翌日には次の国へ~っていうのが定番みたいですが、こうやって湖と森とかわいい家々、そんな景色を楽しむのもオススメです
違うスウェーデンの顔が見れます 

本当に楽しい船の旅でした☆

 
にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると励みになります☆  
            



スウェーデン・フランスの旅 『 2日目(9/13) ホテル~船乗り場 』



昨日は深夜の到着だったにも関わらず、翌日は朝早く起きて、郊外の街ヴァックスホルム観光へ

ヴァックスホルムへは湖を船で行きます。(旅の目的その1!です

とっても気持ちのいい朝だったので、昨日の疲れなんて何のその!、船の乗り場までお散歩していくことにしました

早朝のクングスガータン通り(Kungsgatan)
ホテル~港2

ホテル~港3 ホテル~港1

ホテルの前の大通り(Birger Jarlsgatan)を南に下ります。

日曜日の早朝なので、だ~れもいません! 

いるのは・・・「やった~スウェーデンだ~」と両手を広げて大はしゃぎで道の真ん中を歩く(飛び跳ねる?)レモンと、それを眺めるバジルだけ。

ホテルから歩いて約20分、Birger Jarlsgatanを終わりまで来ると、湖に出ます。
湖に面して王立劇場が建っています。


王立劇場
ホテル~港15

ホテル~港16 誰かと待ち合わせですか?


王立劇場の前は港になっていて、たくさんの船が泊まっています。
ここの船は夏のシーズンだけみたいです。

ホテル~港14

静かな湖面に建物や船の影が映ってとってもキレイ

湖面を覗き込んだり~写真を撮ったり~うっかりすると船に乗り遅れそう

私たちの目的の船はここと反対側。上の写真の建物の間を通って、向こう側の港に向かいます。


ホテル~港13



反対側の船着場にも船がずら~り。

でも電光掲示板に行き先や出発時間なんかが書いてあったので、目的の船はすぐにわかりました。


ヴァックスホルム行きの船
ホテル~港11

ホテル~港12 ホテル~港10

8時30分出発の船に乗ります。
地図の左下のストックホルムから右上のヴァックスホルムに向かいます。

この会社の船は他の場所にも船を運航しています。

VAXHOLMSBOLAGET(http://www.waxholmsbolaget.se/tidtabeller/en/tidtabeller.aspx

(実はね、帰国してやっと1ヶ月半なのに・・・次はどの船に乗ってどこに行こうかなぁ~ヴァックスホルムもまた行きたいなぁ~と”次”を考えちゃってるレモンなのです~。それだけストックホルムで船に乗ることはオススメ!ってことなのです


ホテル~港8

船に乗り込み、出発を待ちます。
船の屋上?に上がると、街の景色が一望できます。

外にいるにはちょっと寒い季節になってきたけれど、もしこれが夏なら絶対に外で景色を楽しみたい!

(いえ、この時のレモンのテンションなら、外もへっちゃらかも!)

ホテル~港7 

ホテル~港9

ホテル~港6

ホテル~港5

ホテル~港4 


朝の散歩コース
 地図2.  

 


にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると励みになります☆  
            



スウェーデン・フランスの旅 『 ストックホルム ホテル 』

ホテル ストゥーレプラン (Hotel Stureplan )


K先生が案内してくださったおかげで、夜遅くにもかかわらず迷うことなくホテルに到着! 

ホテル地図
(クリックすると大きくなります。) 

場所は地下鉄から徒歩5分、ヒュートリエットまでは徒歩10分、少しお散歩するつもりなら20分くらい歩けば湖の方にでます。
とにもかくにも立地は◎でした

ホテルにチェックインして、エレベーターでお部屋のある3階に上がった私たちを迎えてくれたのがこの素敵な談話室 ゆっくりお茶をしながら過ごしてみたい空間です☆

ストックホルム ホテル1 

お部屋
ストックホルム ホテル2

可愛くて雰囲気もあって広さも十分!!  (シャンデリアがあるお部屋に初めて泊まりました)

広さは・・・スーツケースを2つ広げられます。

近くにバーなどもあって土曜日の夜は賑わっていますが、スウェーデンはどこもそうですが窓が二重になっているので、外の音があまり気になりません。平日の夜は全く聞こえません。

クローゼット                             バスルーム
ストックホルム ホテル3 ストックホルム ホテル4

今回は一箇所に一泊しかしない忙しいツアーとは違うので、クローゼットが大活躍しました。

レモンバジルが泊まったお部屋にはバスタブはありません。(特にホテル側に希望も出してませんでした)
でも十分な広さで、シャワーのお湯が外に漏れ出す心配もあまりありません。

(ただ最後の夜に、ホテルに帰ってくると・・・シャワーブースからトイレの辺りに水たまりができてて・・・なぜ?)


窓からの景色
ストックホルム ホテル5

ある朝のこと。
外のお天気を見ようと窓のカーテンを開けると、向かいの建物の丸窓からひょっこり顔を出す人が!
が合っちゃいました。
屋根裏部屋みたいになってるのかなぁ~。とか色々考えて・・お向かいに遊びに行きたくなっちゃいました

(写真をよく見ると1箇所開いている丸窓がありますよ!)


朝の陽光がさしこむ談話室
ストックホルム ホテル6 ストックホルム ホテル7

ストックホルム ホテル11 ストックホルム ホテル12

お部屋を出たところに飾ってあった絵には、昔のストックホルムの姿が。

(きっとストックホルムに違いない!と思っているレモンです

エレベーター
ストックホルム ホテル8 ストックホルム ホテル9

ホテル全体が本当に素敵な空間です

今回ホテルを探す時に、あまり大きくないヨーロッパの雰囲気が残るホテルがいいなぁ~という希望もあったのですが、このホテルはそんな私たちを十分に満足させてくれました

エレベーターを降りて玄関を見たところ     玄関横にある・・・ロビー?待合室?
ストックホルム ホテル10 ストックホルム ホテル13 

中庭
ストックホルム ホテル14

レストラン
ストックホルム ホテル15 

朝食をいただくレストランは1階にあります。大きな大きなソファや椅子があって座り心地◎です。

ある日の朝食
ストックホルム ホテル17 ストックホルム ホテル16

3回朝食をいただきましたが、メニューは殆ど変わりません。
(本当はね、4回いただくはずが、朝のお散歩が長引いて1回食べそびれました。でもね、ホテルの方はとても親切だったんですよ。ちょっと待ってたらすぐに用意してあげるよ!って。)

レモンバジルは毎朝、たっぷりのフルーツとスウェーデン名物のミートボールとサーモン、そしてクッキーをいただきました。(このクッキー、絶品です

外観
ストックホルム ホテル18

ストックホルム ホテル19 

入り口に24って番号が見える建物が私たちが泊まったホテルです。


雰囲気もいいし、スタッフの対応もいいし、談話室やお部屋は素敵だし!
次ストックホルムに来ることがあったら、他のホテルにも泊まってみたいけれどきっとまたここに帰ってくる気もしています (レモン

ヨーロッパ風の雰囲気、親切なスタッフと立地の良さ。本当に泊まってよかったホテルでした。(バジル

公式ホームページ(http://www.hotelstureplan.se/en


にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると励みになります☆  
            



スウェーデン・フランスの旅 『 1日目(9/12) 』


念願のスウェーデン旅行(本当はスウェーデン&フランス旅行)なのだから、数日前には準備万端にしておこう!と話していたにもかかわらず、前日夜中まで荷造りをし、当日は出発直前までスウェーデンでお会いする方にメールをし、大慌てで出発しました。(おかしいなぁ~

いつものように空港でネイルケアをしてもらい、マニキュア塗りたての手をプラプラさせながら飛行機に乗り込みました。これがいつもの、レモンの旅の最初の楽しみです☆


機内
機内1

ちょっとボケてますが、揺れる機内の中で隠し撮り?をした成果です

レモンのイメージするフランスの人、そのもののキャビンアテンダントさんが。

笑顔が素敵です。 (歌を口ずさみながら働く陽気なアテンダントさんもいました


長いフライトの末、パリのシャルル・ド・ゴール空港に到着。(個人モニターが無かった頃にはもう戻れません~

前にも一度、乗継でシャルル・ド・ゴール空港ターミナル1を利用したことがありますが、ターミナル2は今回が初めて。
ターミナル1を利用した時は上に行ったり下に行ったりとあまりにもややこしく、時間もかかった印象があったので心配していましたが、今回利用したターミナル2は広いけれどキレイでわかりやすかったのでよかったです
(事前にどのターミナルに着くのかを調べていたことも大きかったかも)
空港の人気ランキングでワースト2に選ばれた原因はターミナル1にあるに違いない・・・かな。

CDG空港1 

CDG空港2 

とてもキレイで天井が高く開放的なターミナルです。ただ、お店はそんなにありません。

このターミナルをレモンは一人、端から端まで行ったり来たり。
狭い機内から解放されたのと、空港がきれいだったことと、もうすぐスウェーデンに着く嬉しさで全く落ち着きの無いレモンでした (バジル?バジルはゆっくり読書をしてました


約2時間のフライトであっという間にスウェーデンに到着!
外はもう真っ暗でした。

さぁ、ここからは大急ぎで移動です

まず空港のインフォメーションでストックホルムカード、地図、アーランダエクスプレス(空港から市内までの列車)のチケットをGET。
どこもすぐに閉まるスウェーデンですが、空港インフォメーションは夜11時まで開いて一安心。
(と言っても実は飛行機が遅れたため、インフォメーションに駆け込んだのは10時55分!でもスタッフの対応はとても親切でした 思い返すとスウェーデンでは嫌な人には出会わなかったなぁ

そのまま地下のアーランダエクスプレスのホームへ。

ホームへはインフォメーション横のエレベーターを使います。
エレベーターのドアが開くとそこはもうホームです

実は出発前日にいただいたメールでK先生(レモンが住んでいた頃の日本人補習校の先生です。)がこんなに夜遅くの到着にも関わらず、ストックホルム中央駅で待っていてくださると連絡をいただいていたので、飛行機が遅れてしまった心配ともうすぐお会い出来るという嬉しさといよいよ旅が始まったという興奮で益々よくしゃべるレモンでした

ホーム
アーランダエクスプレス1

アーランダエクスプレス
アーランダエクスプレス2

案内には列車の来る時間ではなくて、列車があと何分で来るかが表示されています。 

車内
アーランダエクスプレス3

キレイな車内です。

アーランダエクスプレスは、片道240SEK、往復460SEK、週末だと週末割引があって片道2人で250SEKになります。ただし、切符を車内で買うとプラス50SEK払うことになります。

Arlanda Express(https://www.arlandaexpress.com/start.aspx

ここで↑料金や時刻表が見れます。
人数と片道or往復を入力して、nextを押す → 利用日を入力してnextを押す → 正規料金と割引料金が表示されます。

週末割引以外にも色んな割引があるみたいなので、利用される方は一度見てくださいね☆


少し話しがそれてしまいましたが、アーランダエクスプレスは約20分でストックホルム中央駅に到着しました。
列車がホームに入ったとたん、レモンが『あっー!!』と車内に響き渡る声で叫びました。
(車両にいたのがレモンバジルだけでよかった

先生もホームからすぐに見つけて手を振っていてくださいました。約10年ぶりの再会です。嬉しくて抱きついちゃいました



にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると励みになります☆  
            



スウェーデン・フランスの旅 『 スウェーデンってこんな国 』
 スウェーデン国旗
【 国 名 】 スウェーデン王国 (Kingdom of Sweden)

【 面 積 】 約44万9964km2

【 人 口 】 約919万人

【 首 都 】 ストックホルム

【 言 語 】 スウェーデン語

【 通 貨 】 スウェーデン・クローネ (1Skr=13.56円 2009年10月現在)

【世界遺産】 ★ ドロットニングホルムの王領地 (文化遺産) (1991年)
         ☆ ビルカとホーヴゴーデン      (文化遺産) (1993年)
         ☆ エンゲルスベリの製鉄所       (文化遺産) (1993年)
         ☆ タヌムの線刻画群          (文化遺産) (1994年)
         ☆ スクーグシュルコゴーデン     (文化遺産) (1994年)
         ☆ ハンザ同盟都市ヴィスビュー  (文化遺産) (1995年)
         ☆ ラポニアン・エリア         (複数遺産) (1996年)
         ☆ ルーレオーのガンメルスタード  (文化遺産) (1996年)
         ☆ カールスクローナの軍港     (文化遺産) (1998年)
         ☆ エーランド島南部の農業景観  (文化遺産)  (2000年)
         ☆ ファールンの大銅山地域      (文化遺産)  (2001年)
         ☆ ヴァールベリ・ラジオ放送局   (文化遺産)  (2004年)

【航空会社】 スカンジナビア航空

【有名企業】 ボルボ
         サーブ
         IKEA
         エリクソン
         コスタ・ボダ
         H&M
        
         
【有 名 人】 アルフレッド・ノーベル (化学者・実業家・ノーベル賞を提唱・ダイナマイト)
        ABBA (ミュージシャン)
        アニカ・ソレンスタム (女子プロ・ゴルフプレーヤー)
        アストリッド・リンドグレン (作家(長くつ下のピッピ))
        ズラタン・イブラヒモビッチ (サッカー選手)

スウェーデン地図



にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると励みになります☆





Copyright © 旅 時々 Photo ところにより にわか雨 . all rights reserved.