FC2ブログ
旅 時々 Photo ところにより にわか雨 
旅行と写真好きな管理人が、旅に関する色々な情報を自分勝手に提供します。☆☆現地情報やツアー情報等満載☆☆
中欧の旅 『 お土産(ドイツ) 』
ドイツで買ったお土産をご紹介します☆

土産(マイセン) 

これが30分1本勝負で買った、マイセンのカップ&ソーサーです。

レモンバジルにとっては高いお買い物でしたが、”どんな高価なものも大好きなクリスマスには使いたくてうずうずするはず!” という思惑のもと、このカップ&ソーサーを選びました。
(思惑通り、クリスマスシーズンになると使い出す二人です

これに出会わなければ花柄は嫌だと主張し続けるバジルさんに負けて何も買えず、しょんぼり帰ってきたことでしょう(っていうかマイセンに来て、花柄が嫌って

レモンがショーケースに飾られていたこのヒイラギ?柄を見つけてきたときは、Good Job!!と心で叫んだバジルでした。



にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると励みになります☆  

スポンサーサイト





中欧の旅 『 ドレスデンの街角 』
ドレスデンの街角から ~

ドレスデン ランチ1 

ドレスデン ランチ2 

水がランダムに噴き出してきます。

水浴びを楽しむ子ども と 水が吹き出る様子を不思議そうに眺めて飛び出てくる所をふさごうとする犬くんの様子がとても可愛らしくって


にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると励みになります☆ 



中欧の旅 『 ドレスデン (2) 』
ヨハンノイムとシュタールホーフ(JOHANNEUM UND STALLHOF)

ノイマルクトに建つ立派な姿のヨハンノイム。1586年から1591年にルネサンス様式で建造され、絵画館として使われた。現在は交通博物館。
同時に立てられたのがヨハンノイムを取り囲む、中世の騎士が馬上試合をしたシュタールホーフ。回廊はルネサンスの傑作として名高い。その外壁に約25000枚のマイセン磁器のタイルを使ってザクセン王らを描いた「君主の行列」がある。その長さは101mあり圧巻だ。

ドレスデン06

ドレスデン07 

「君主の行列」の壁画では、歴代の君主たちが楽しく談笑しています。

ドレスデン08 

行列の後ろのほうには一般庶民も描かれ、子供たちも描かれています。

ドレスデン09 

ここで馬上試合が行われました。 ご婦人方は上の窓から応援したそうです。


ドレスデン城(DRESDNER SCHLOSS)

やはり戦争で大打撃を受けたドレスデン城も1989年から再建が開始された。この地にザクセン王の居城が建てられたのは13世紀。15世紀末に四翼式の城が現れる。現在のスタイルは20世紀初頭に、王家であるヴェッティン家の800周年を記念して改築されたネオ・ルネサンス様式。

ドレスデン10

あまりに素晴らしく、タテで撮ったり、ヨコで撮ったり、タテヨコタテヨコ・・・

ドレスデン11 

ドレスデン城はとても中世の面影が残っていて、ドレスデンの中で一番素敵な建物です。


ゼンバー・オペラ劇場

ドレスデン13 


ツヴィンガー宮殿(ZWINGER)

ザクセン-ポーランド王であったアウグスト強王のアイデアと建築家ペッペルマンの天賦の才によって、1710年から1732年に建てられた。ドイツ屈指のバロック建築。
中庭の西側のクローネン門にはポーランドの王冠が飾られている。
宮殿内はアルテ・マイスター絵画館、武器博物館、世界で2番目の規模の磁器コレクション、数学物理サロンがある。
アルテ・マイスターには有名なラファエロの『システィーナのマドンナ』がある。(その絵の下のかわいい天使が有名です。)

ドレスデン12 

門をくぐり、中庭に入って、まずレモンの目にとまったのがこの大きな王冠。何枚も同じ写真が残っています


ドレスデンは、ブリュールのテラスやツヴィンガー宮殿前の広場からの景色は本当にきれいで、もっとゆっくり街を散策してみたい街でした。でも今回の旅のメインは中欧3都市(ウィーン・プラハ・ブタペスト)なので、今回はガマンです。
次にとっておきます。(次はいつかなぁ。来るのかなぁ。)


にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると励みになります☆ 



中欧の旅 『 ドレスデン (1) 』 

ドレスデン(DRESDEN)★★☆


エルベのフィレンツェと称されるドレスデンは、ザクセン選帝侯の宮廷都市として栄えた。
代々のザクセン選帝侯は、12世紀末からドレスデン城に居住していた。この城のアウグスト通り沿いの外壁には歴代君主たちを描いたおおよそ100メートルにわたる壁画「君主たちの行列」がほぼオリジナルの状態で現存している。1732年、フリードリヒ・アウグスト1世は、城から近い場所に自らの居城としてツヴィンガー宮殿(Zwinger)を建立した。
街は1945年の大空襲によって大きく破壊された。

ドレスデン01 

ドレスデン02

ドレスデン03 

1枚目の写真の黄色い建物の前が2枚目の写真の通り。オープンカフェがたくさん並んでいます。
ここでランチしたかったなぁ~。でもドレスデンは駆け足での観光となりました 

この通りを行くと聖母教会があります。


聖母教会(FRAUEN KIRCHE)

11世紀から存在し、1726年から1743年に再建された教会。ドイツで最も重要なプロテスタント教会として、街のシンボルでもあった。1945年の空襲で破壊され、モニュメントとして壊されたままの無残な姿で残されていたが、東西ドイツ統一後、修復が始まり、2005年10月に再建された。

ドレスデン04

今はもう再建されていますが、レモンバジルが訪れた時はまだ再建途中。
できるだけ元々のものを使うようにしているそうです。空襲で粉々に崩れ落ちた石を調査し、積み上げていきます。写真で見るとわかりやすいですが、黒い部分がもともとの石です。

ドレスデン05 

これから使う石が積み上げられています。


ブリュールのテラス(BRUHLSCHE TERRASSE)

「ヨーロッパのバルコニー」と言われているエルベ川に面した、緑が美しいテラス。
もとは、1740年頃にアウグスト3世の親友 ブリュール伯爵が作った庭園だった。

ドレスデン14 

このテラスからの景色は本当にキレイです。この写真では伝わりきらないですが・・・



にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると励みになります☆ 





Copyright © 旅 時々 Photo ところにより にわか雨 . all rights reserved.