FC2ブログ
旅 時々 Photo ところにより にわか雨 
旅行と写真好きな管理人が、旅に関する色々な情報を自分勝手に提供します。☆☆現地情報やツアー情報等満載☆☆
中欧の旅 『 ベルリン ブランデンブルグ門 』

  
ブランデンブルグ門(Brandenburger Tor) ★☆☆

古代ギリシャの神殿、パルテノンの列柱門を範にとり、プロセイン王国の凱旋門として設計(1788-1791)された。高さ20mの門頭を飾る古代の戦車(カドリーガ)に乗った勝利の女神像は、ナポレオンに戦利品として持ち去られた(1806年)こともあるが、後に取り戻した。

ブランデンブルグ門5 

上空からの写真 (1915年)
ブランデンブルグ門1 

上空からの写真 (1963年)
ブランデンブルグ門2 

1963年の写真にはベルリンの壁が写っています。

ブランデンブルグ門は長年 ”壁” に囲まれ東西分断の象徴でしたが、現在は統一ドイツのシンボルとなっています。


門の裏側
ブランデンブルグ門3 

門を通り抜けると、ライヒスターク(旧帝国議会議事堂)のガラス張りのドームが見えます。
ドームまでは登れるそうなので、今回はチャンスがなかったけれど次回は行ってみたいです。
(熱いらしいけど、ビニールハウスに入っているようなものかなぁ。)

アドロンホテル
ブランデンブルグ門4  

ブランデンブルグ門前のパリ広場に面したアドロンホテルは一時期世界中でかなり有名になりました。

2002年、マイケル・ジャクソンがファンに赤ちゃんを見せるため、赤ちゃんを窓の外で宙吊りにした事件覚えてますか。日本でもよくワイドショーなどでやってましたが・・

そうです。このホテルなのです。ちょうど写真真ん中辺りの4階の柵がついた窓あたりがその現場です。  
 


にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけるととっても励みになります☆  

スポンサーサイト





中欧の旅 『 ベルリン ベルリンの壁 』
ベルリンの壁 ★☆☆

1989年11月に役割を終えたベルリンの壁は、今も一部残されています。
アーティスト達による絵が描かれていますが、当時は壁を越えることはもちろん、その前の歩道部分にも近寄ることが出来なかったそうです。ですから、絵を描くなんて、夢のまた夢だったのですね・・・。
この壁によってたくさんの家族が引き裂かれてしまったのか・・・と胸が締め付けられる思い。

ベルリンの壁1 

イースト・サイドギャラリーと呼ばれるこの辺り一体では、1.2kmに100枚もの絵が描かれているそうです。

ベルリンの壁2 

ベルリンの壁3 

壁は東ドイツ政府によって二重に築かれていました。
ベルリンの壁4 



にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると励みになります☆  


中欧の旅 『 ドイツってこんな国 』


ドイツ国旗 

【 国 名 】 ドイツ連邦共和国 (Federal Republic  of Germany)

【 面 積 】 35万7000km2   (日本の約94%)

【 人 口 】 8,231万人 (2006年末)

【 首 都 】 ベルリン

【 言 語 】 ドイツ語

【 通 貨 】 ユーロ (1€=126.33円 2008年12月現在)

【世界遺産】 ☆ アーヘン大聖堂                   (文化遺産)(1978年)
         ☆ シュパイヤー大聖堂                (文化遺産)(1981年)
         ☆ ヴュルツブルク司教館、その庭園群と広場   (文化遺産)(1981年)
         ☆ ヴィースの巡礼教会                (文化遺産)(1983年)
         ☆ ブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルスト
                                        (文化遺産)(1984年)
         ☆ ヒルデスハイムの聖マリア大聖堂と聖ミカエル教会
                                        (文化遺産)(1985年、2008年)
         ☆ トリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会
                                        (文化遺産)(1986年)
         ☆ ハンザ同盟都市リューベック           (文化遺産)(1987年)
         ★ ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群      (文化遺産)(1990年、1992年-1999年)
         ☆ ロルシュの王立修道院とアルテンミュンスター(文化遺産)(1991年)
         ☆ ランメルスベルク鉱山と古都ゴスラー     (文化遺産)(1992年、2008年)
         ☆ バンベルクの町                   (文化遺産)(1993年)
         ☆ マウルブロンの修道院群             (文化遺産)(1993年)
         ☆ クヴェートリンブルクの聖堂参事会教会、城と旧市街 (文化遺産)(1994年)
         ☆ フェルクリンゲン製鉄所              (文化遺産)(1994年)
         ☆ メッセル・ピットの化石地域            (文化遺産)(1995年)
         ☆ ケルン大聖堂                    (文化遺産)(1996、2008年)
         ☆ ヴァイマールとデッサウのバウハウスとその関連遺跡群
                                        (文化遺産)(1996年)
         ☆ アイスレーベンとヴィッテンベルクにあるルターの記念建造物群
                                        (文化遺産)(1996年)
         ☆ 古典主義の都ヴァイマール            (文化遺産)(1998年)
         ★ ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)  (文化遺産)(1999年)
         ☆ ヴァルトブルク城                   (文化遺産)(1999年)
         ☆ デッサウ・ヴェルリッツの庭園王国       (文化遺産)(2000年)
         ☆ 僧院の島ライヒェナウ                 (文化遺産)(2000年)
         ☆ エッセンのツォルフェライン炭坑業遺産群    (文化遺産)(2001年)
         ☆ ライン渓谷中流上部                (文化遺産)(2002年)
         ☆ シュトラールズント及びヴィスマルの歴史地区(文化遺産)(2002年)
         ☆ ブレーメンのマルクト広場の市庁舎とローラント像
                                        (文化遺産)(2004年)
         ★ ドレスデン・エルベ渓谷               (文化遺産)(2004年)
         ☆ レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ
                                        (文化遺産)(2006年)
         ☆ ベルリンの近代集合住宅群            (文化遺産)(2008年)


 
【航空会社】 ルフトハンザドイツ航空

【有名企業】 メルセデス・ベンツ  (自動車)
         BMW          (自動車)
         アウディ        (自動車)
         フォルクスワーゲン (自動車)
         ポルシェ        (自動車)
         シーメンス       (電機)
         ライカ          (光学機器)
         DHL           (運送)
         
【有 名 人】   アルベルト・アインシュタイン       (理論物理学者)
         アルフレート・ヴェーゲナー       (地球物理学者 大陸移動説)
         オリバー・カーン              (サッカー選手)
         カール・フリードリヒ・ガウス        (数学者 ガウスの法則)
         シュテフィ・グラフ              (テニス選手)
         グリム兄弟                  (文学者)
         ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ (詩人)
         フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト (医師・博物学)
         ミハエル・シューマッハー         (カーレーサー)
         ロベルト・シューマン            (作曲家)
         リヒャルト・シュトラウス           (作曲家)
         ハインリッヒ・シュリーマン         (考古学者 トロイ遺跡)
         フリードリヒ・フォン・シラー         (詩人)
         フリードリヒ・ニーチェ             (哲学者)
         オットー・ハーン               (科学者・物理学者 核分裂を発見)
         ヨハン・セバスティアン・バッハ       (作曲家)
         ヨハン・パッヘルベル             (作曲家)
         ヨハネス・ブラームス             (作曲家)
         アンネ・フランク
         フリードリヒ・フレーベル           (教育学者)
         ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン   (作曲家)
         ボリス・ベッカー                (テニス選手)
         フランツ・ベッケンバウアー         (サッカー選手)
         ヘルマン・ヘッセ                (作家)
         カール・マルクス                (経済学者)
         トーマス・マン                  (作家)
         マルティン・ルター              (宗教家)
         ヴィルヘルム・レントゲン          (物理学者)
         リヒャルト・ワーグナー            (作曲家)

ドイツ地図 


にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると励みになります☆  
               いつも応援ありがとうございます!



中欧の旅 『 日程 』


【 旅の形 】  ツアー型 (JAL PAK 『ドイツ古都とプラハ・ブダペスト・ウィーン10日間(プラス4日間) 』 )
【 飛行機 】  日本航空
【 ホテル 】  ベルリン   : コートヤード・バイ・マリオット・ケーぺニック
           プラハ    : コリンシア・パノラマ・ホテル
           ブダペスト : グランド・ホテル・ハンガリア
           ウィーン   : ファヴォリータ 
【 OPツアー】   無し
【 日 程 】  2005年8月20日~8月29日 (バジル)   
                   2005年8月20日~9月2日  (レモン)

  1日目(8/ 20) 伊丹→成田→アムステルダム→ベルリン (夜ホテル着)
  2日目(8/ 21) ベルリン・ポツダム(市内観光)
  3日目(8/ 22) ベルリン→マイセン(磁器工房見学)→ドレスデン(市内観光)→プラハ
  4日目(8/ 23) プラハ(午前:市内観光、午後:自由時間)  
  5日目(8/ 24) プラハ→ブラスチラヴァ(自由行動)→ ブダペスト
  6日目(8/ 25) ブダペスト(午前:市内観光、午後:自由時間)
  7日目(8/ 26) ブダペスト→エステルゴム(自由行動)→センテンドレ(市内観光)→ウィーン
  8日目(8/ 27) ウィーン(午前:市内観光、午後:自由時間)

 【バジル】
 9日目(8/ 28) ウィーン→フランクフルト
10日目(8/ 29)  →成田→伊丹


 【レモン】
  9日目(8/ 28) ウィーン(自由行動)
10日目(8/ 29) ウィーン(自由行動)
11日目(8/ 30) ウィーン(自由行動)
12日目(8/ 31) ウィーン(自由行動)
13日目(9/   1)  ウィーン→フランクフルト
14日目(9/   2)  →成田→伊丹


さぁ 出発ー



今回は、レモン ドキドキの旅です。


にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると励みになります☆



中欧の旅 『 旅の準備 』


昨年、年末にギリギリセーフで?何とかペルーを終わらせることが出来たので、今年は気持ちも新たに、
中欧の旅をご紹介していきます

まず旅の形や目的(行きたい所、やってみたい事)。

タイ、エジプトと暑くて人が多い、なんと言うか濃いーところが続いていたので、久しぶりにヨーロッパの空気が吸いたい!!
どうせ行くなら、” これぞ、ヨーロッパ!!” というところに行きたい!!

中世の面影が色濃く残る中欧に行こう!!

中欧? 中・・・欧?!?! 

あっ ウィーンには、友達がいる!!
何とか手紙とメールだけで繋がっているスウェーデン時代の友達。
この機会を逃せば、もうチャンスはないかも・・・  これは勇気を出して是非会いに行かねば


【旅の目的】 1. ヨーロッパの街並みを満喫する
         2. ティーカップを買う 
         3. スウェーデン時代の友達と○年ぶり に会う


ということで、今回はウィーンを最後に訪れる

ツアー 『 ドイツ古都とプラハ・ブダペスト・ウィーン10日間 を申込みました☆



にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると励みになります☆  
            



明けましておめでとうございます。


~ 本年もよろしくお願い申し上げます ~

丑年 





Copyright © 旅 時々 Photo ところにより にわか雨 . all rights reserved.