FC2ブログ
旅 時々 Photo ところにより にわか雨 
旅行と写真好きな管理人が、旅に関する色々な情報を自分勝手に提供します。☆☆現地情報やツアー情報等満載☆☆
ペルーの旅 『 ウロス島(1) 』

ホテルの側の桟橋からモーターボートに乗り込んで、湖に浮かぶウロス島に向けていざ!出発ですっ!
レモンバジルの船にはかっこいい船長さん(ツアーの仲間)がいます

船から私たちのホテルが見えました。ウロス島1-1

結構危なっかしい場所に建っていたんだ・・・




ウロス島 ★★☆

ウロス島は、島とは言ってもトトラと呼ばれる葦を積み重ねた浮島である。
大小あわせて40程の島があり、6畳程の小さなものから350人が生活できる大きさのものもある。
大きな島には、学校や教会まであり、あわせて約700人が生活している。
ここに住む人々は、ウル族と呼ばれている。

~ウル族の歴史~
ウル族はチチカカ湖畔で最も古い民族と言われているが確かなことはよく分かっていない。一説によるとインカ時代に賤民として追われ、湖上で生活するようになったと言われている。
彼らはウルキージャ語を話し、自分たちのことをウロウロと読んだことからウロス島の名前がついたという。
純潔のウル族は1957年に絶え、現在島に住んでいる人々はケチュア族とアイマラ族の混血。


村の入り口が見えてきました。
ウロス島1-2 

ウロス島1-3 

KAMISARAKI(カミサラキ)~

と挨拶してくれたから、私たちも

WARAKI(ワラキ)~

と答えました。


これ、アイマラ語です。

お元気ですか~

元気です~




にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると励みになります☆  
              

スポンサーサイト





ペルーの旅 『 朝の散歩 』
朝陽を見て、素敵な目覚めだったので、気持ち良く朝のお散歩に出かけました。

(今になって思うこと)
レモン、2度寝はしたのかしら?8時間寝れなかったら絶対後で足りない分を取り戻そうとするレモンが、早朝起きて、そのままお散歩に行って、さらにそのまま元気に観光に行ったなんて考えられない!!!


緑のチチカカ湖
朝の散歩1 

ゆ~っくりゆ~っくり列車が走っていきました
朝の散歩2 

ホテルのお庭に咲いていたお花たち
朝の散歩3  朝の散歩4  朝の散歩5

ここは標高4000mの土地。
と言うことは、この植物たちは高山植物の仲間なのかな・・・。


湖に、水草?で船が通る道ができています
朝の散歩6 

ホテルの庭につながれていた・・・ロバさん?ウマさん
朝の散歩7 

もはや、お庭の草の緑と、湖の藻の緑との区別がつかなくなっています

湖のそばまで行って、水をじ~っと覗き込むと、三つ葉の形をした小さい小さい藻?水草?がビシーっと浮かんでいます。

チチカカ湖は今、水質に問題あり!です。
今はまだ、自然よりも人々の生活が優先される地域なのです。



にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると励みになります☆  


ペルーの旅 『 御来光 in チチカカ湖 』
早起きをして、チチカカ湖の向こうから登る朝陽を見ました。

ペルー旅行2度目の御来光です。

外の空気はとても静かなのに、レモンバジルの部屋では「こっちのほうからかな?」「あっちのほうが明るくない?!」と賑やかな時間が流れました。

御来光(チチカカ湖)2 

御来光(チチカカ湖)3 

御来光(チチカカ湖)4 

御来光(チチカカ湖)5 

御来光(チチカカ湖)6 

御来光(チチカカ湖)7  

御来光(チチカカ湖)9 




すっかり明るくなって、窓の下の湖を見てみると・・・・・・・・・・・湖は緑色でした
御来光(チチカカ湖)10 





にほんブログ村 旅行ブログへ ← 励みになるので、クリックよろしくお願いします☆  
              いつも応援ありがとうございます!




ペルーの旅 『 南十字星 』
南半球に来たからには、どうしても見たくなるのが南十字星。

プーノのホテルは町の外れのチチカカ湖に突き出た半島のようなところに建っているため、天体観測するにはもってこいの場所です。
喜びいさんで、スーパーガイドMさんに「南十字星見えますか」と聞いたところ、今日は曇っているから見えないねってあっさり。でも、南半球だからどこからでも見えるよと言って、見つけ方を教えてもらいました。
その見つけ方とは・・・

忘れました。
(レモンに至ってはその説明を理解するにも至らず…)

結局、帰国までに南十字星を見ることは出来ませんでした。




にほんブログ村 旅行ブログへ ← 励みになるので、クリックよろしくお願いします☆  
              いつも応援ありがとうございます!



ペルーの旅 『 ホテル(プーノ) 』

リベルタドール・レイク・チチカカ (プーノ)


チチカカ湖 湖畔の街 プーノでは五星ホテル 『 リベルタドール・レイク・チチカカ 』 に泊まりました。
この日泊まった私たちの部屋からはお天気がよければ日の出を見ることが出来ます。

プーノホテル1

プーノホテル6 

ホテルの正面からは、対岸にプーノの街を見渡すことができます。
プーノホテル2

私たちが夜景を見に外に出た途端・・・雷が。 見事でしょ  明日の御来光が心配・・・・・。

この日の夕食は、ホテルのレストランで頂きました

乾燥ジャガイモ (チューニョ
プーノホテル3

「チューニョ」は、保存や備蓄のために加工されたジャガイモです。
乾季の6月~7月、4,000m前後の高原で作られます。

ジャガイモはペルー原産の野菜です。
ちなみに、トウモロコシ・トマト・カボチャなどもアンデスが原産のお野菜です。


~ チューニョの作り方講座 ~

 ① ジャガイモを屋外に広げ、数日間放置する。
    (ジャガイモは夜間は凍結し、日中は解凍される。これを何回か繰り返すうちにジャガイモは水分を
    含んで柔らかくなる。)
 ② 柔らかくなったジャガイモを積み上げ、足で踏みつけ、水分を搾り出す。
 ③ 数日間放っておくとジャガイモは乾燥してコルク状になる。
 ④ 完成!!

    注:料理をする時には数時間水につけて戻してから使いましょう。


プーノホテル4

「チューニョ」を煮込んで作ったスープです。
お味のほうは・・・・・・。 ・・・・・
それほどおいしいとは言えませんでした。 (ちょっとね、食感が

プーノホテル5



にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると励みになります☆  
             


ペルーの旅 『 6日目 シルスタニ遺跡~プーノ 』


シルスタニ遺跡から、チチカカ湖ほとりの町プーノへと向かいます。

この土地に住んでいる人々の生活が垣間見えました。

~車窓から~

シルスタニ~プーノ1

シルスタニ~プーノ2

シルスタニ~プーノ3

チチカカ湖とプーノ全景
シルスタニ~プーノ4

シルスタニ~プーノ5

シルスタニ~プーノ6

シルスタニ~プーノ7

シルスタニ~プーノ8

遊園地
シルスタニ~プーノ9




にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると励みになります☆  
              



ペルーの旅 『 6日目 シルスタニ遺跡 』

シルスタニ遺跡(SILLUSTANI) ★★☆
 

プーノ近郊に残るプレ・インカ時代のチュウラホン文化からインカ時代にかけて造られてきた石塔の墓。チュウラホン文化は1000年頃に全盛を迎えた文化だと言われ、石の住居と段々畑が特徴の文化である。ここに立つ不思議な塔は、あるものは磨き上げた巨石を積み上げて造られ、あるものは丸石を使い、またあるものは外側に白い粘土が塗りつけられている。それらに共通するのは、東側に小さな窓があり、6月21日の冬至になると窓に太陽の光が差し込むように出来ているということである。
これらはチュルパと呼ばれる墳墓で、太陽の光が差し込むことによって生命が蘇ると信じられていたらしい。多いときでは100基のチュルパがあった。 


このシルスタニ遺跡は、スーパーガイド Mさんのお気に入りの場所で、朝陽を見るために一人ここで夜を明かしたそうです。

遺跡の上までゆっくり、ゆ~っくり歩いて登りました。
ゆ~っくりしかムリなのです。 ここは標高4000mを超えています。

シルスタニ1

よく見るとトカゲの彫刻が見えます。
シルスタニ2

シルスタニ3

シルスタニ4

シルスタニ5 

シルスタニ6

一番上まで登るとこの景色が見られます。静かな静かな場所です。


シルスタニ7

この石は特に説明はありませんでしたが、実はここに磁石を近づけると針がぐるぐる回りだします。 


ただただ静かに時間が流れていて、ペルーで一番神聖さを感じる場所でした。



にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると とっても励みになります☆  
              



大人の旅 Bravi
写真満載の旅行誌として、レモンバジルが大好きな 『 大人の旅 Bravi

VOL.1以外は全て持っていたのですが、VOL1はバックナンバーもないため、中古本を見つけるしかありませんでした。

昨日・・・・・

とうとう買うことが出来ました これで8冊全て揃いました



レモンがamazonを検索したら、中古本が1冊!!
値段は新品の倍の2,000円でしたが、即決。

即注文しました。


その他の 『 Bravi  』 たちもこんなに素敵です。

  

 

 
 

にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
            今日は何位?
 



オクトーバーフェスト2008 & ワールドフェスタ・ヨコハマ2008

今日はブログのお友達から教えてもらった 『 オクトーバーフェスト2008(横浜) 』に行ってきました。

オクトーバーフェスト4 

12時前には着いたのですが、テント内はご覧のとおりの満員状態!!
座る席はありませんでした。


オクトーバーフェスト5 


テントの中では音楽や歌があり、本場ドイツのオクトーバーフェストと同じように 「みんなで歌ってみんなで乾杯」といった楽しい雰囲気いっぱいでした。


テントの外
オクトーバーフェスト3 

レモンバジルは外の席で秋晴れのもと、ドイツを味わいました。外も気持ちいい!!


秋の晴天の友はこいつ達
オクトーバーフェスト2  オクトーバーフェスト1

アルコールは、バジルはたしなむ程度に飲みますが、レモンはコップ一杯くらいで完全に酔っ払います。
せっかく来たのだからと、レモンがビールをひと口ふた口・・・

もう酔っ払って、おねむ状態になっていました。

次は眠たがりながらもご機嫌な(不機嫌な?)不思議なレモンを連れて、『 ワールドフェスタ 』 が行われている山下公園へ


山下公園
山下公園1 

大道芸人が芸を披露していて、とっても楽しい休日気分が味わえました☆


『 ワールドフェスタ 』 は世界各国の料理や民芸品がテントで紹介されていました。
どちらかというと世界屋台村といった感じで料理がメインの感じでした。

レモンバジルが食べたのは、『 スペインのパエリア 』 と 『 インドのチキンカレー 』

ワールドフェスタ4


物販では各国の土産が売っていますが、ペルーのテントでひょうたんで作ったクリスマスのオーナメントを発見!!

クリスマスグッズには目がないレモンバジルはちっさなオーナメントを2つ買いました

ワールドフェスタ1  
 
これでクリスマスの季節にもペルーを思い出せるぞ!
ペルーのお土産ってね、こてこての物が多いので、なかなか部屋に飾れないのです^^;。
でもこれだったらいいかな。

チェコのブース
ワールドフェスタ2 
 

横浜開港150周年記念マスコット、たねまる
ワールドフェスタ3  
  
 

にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
            今日は何位?
 



スリランカ展

今日はスリランカ展をみに、上野まで行ってきました。

スリランカ展

雑誌紹介されていたときに、とても気になる世界遺産の写真があったので前売り券を買ってしまいました。

世界遺産 『 古代都市シギリア 』!!
シーギリア 

ペルーのマチュピチュとギリシャのメテオラの修道院を足して2で割ったような感じです。
岩山の上にかつて王宮があったそうです。

スリランカ展の内容はというと、

う~ん・・・・

仏像やヒンドゥー教の像ばっかりでした。

シギリアなどの世界遺産の展示なども期待していたので、ちょっと期待外れでした。
(スリランカの歴史を少しだけ知ることができたのは良かったデス☆)



東京国立博物館 表慶館
東京国立博物館 




にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
            今日は何位?
 



ペルーの旅 『 スペシャルメニュー 』


ラ・ラヤ峠を越え、途中のレストランでランチタイム
(レストランって言っても誰もいなくて・・・。建物だけです。)

本日のランチは、お弁当。それも268やから揚げの入った、久しぶりの日本の味です!!
(クスコで買えるそうです。)

高山病でヘロヘロだったみんなの”胃”も、日本食なら受け付けてくれます179。やっぱり日本人ですね。
久しぶりのお味噌汁がおいしくておいしくて。
(普段は旅先でもほとんど日本食を求めないレモンバジルですが、今回ばかりは体がものすっごく求めていたようで、あまりのベストタイミングの日本食で、旅行社ってスゴイ!って思いました。)


そしてこの時、ツアーメンバーの手によってすばらしい作品が

それは・・・

ふりかけスープ


添乗員さんが持ってきてくれたふりかけを、お味噌汁用のお湯の中に入れて・・・はいできあがり


これ、意外といけるんです。
ふりかけでいいダシが出て、いい感じのお吸い物に。
疑り深い目で見ていたレモンも、一口食べて ○サインを出しました☆ 


みなさん一度試してください。 


(注)試すときには、しばらく日本食断ちをしてからにしましょう



にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
            今日は何位?





ビクーニャ


先日、ペルーの愛らしい?動物=ビクーニャの生態についての番組を観ました☆

さあ!たった今知ったことを、あたかも自分たちの知識のように説明してみましょう



アンデス山脈の中腹、標高4000mの場所には、なんと驚くことに広大な平原( プナ)が広がっています。
ビクーニャはそのプナに住んでいます。


●ビクーニャの起源

こんなに高地に住んでいるけれど、ビクーニャは実はラクダの仲間です。

ラクダの祖先は約5000万年前、北アメリカにいました。
その一部がアジアに渡り、ゴビ砂漠のフタコブラクダ、サハラ砂漠などのヒトコブラクダになりました。
(どうしていったん2コになったコブが1コになったのかしら??)
一方、南米に来たものからグアナコという種が生まれ、高地に移り住み、ビクーニャになりました。
ビクーニャは、血液の中の赤血球を人間の3倍くらいに増やすことで、酸素の薄い高地に適応して行きました。


●ビクーニャの毛

アンデスの気候は、”1日で四季がある”と言われているほど一日の中に寒暖の差があります。
ビクーニャは、寒い時には細い毛の間に空気がたまっているので温かく、暑い時には膝下の毛がないところを風にさらして体温を下げ、寒暖の差に適応しています。

ビクーニァの毛は羊毛の3分の1の太さしかなく、その繊細な糸は、インカの時代には神の糸といわれていました。 その毛を刈るときは皇帝が指揮をとりました。(その行事のことをチャクと言います。)

ちなみに東京でビクーニャのストールを買うと、50万円するそうです。


●ビクーニャの家族

ビクーニャは1匹のオスと4,5匹のメスで家族を作って生活をしていています。
オスは、その愛らしい姿からは考えられませんが、たった1匹で集団でやってくる他のオスからメスを守ったり、天敵のキツネから家族を守っています。(オスは1歳になると群れを出されて、集団で行動して他の家族のメスを狙います。)

ずっとオスが家族を守っているのは、この大きさの草食動物の中では珍しいことです。

通常の草食動物は多く子孫を残すため、交尾が終わったらすぐに違うメスを探しにいってしまいます。
また、大きな群れで行動するためオスが家族を守る必要がありません。しかしアンデスでは、植物が少なく大きな群れが食べるだけの植物が確保できないため、少数の家族で行動します。そのため、オスが家族を守る必要がでてくるのです。

家族のオスは若いオスの集団がやってきても、キックやパンチや唾(消化中の草が入っていて胃液も入っているので目にしみる)をかけて追い払います。


●ビクーニャの上あご

ビクーニャは、上あごの真ん中が切れていて広がるようになっています。短い草を食べる時には上あごを広げ歯をむき出しにして、毛抜きの要領で他の動物が食べれない2、3mmの短さの草でも食べることが出来ます。


●ビクーニャの出産

ビクーニャは3月が出産時期で、子どもは生まれると30分で走り出します。
(隠れる所のないアンデスでは天敵のキツネなどが来たら、逃げるしかないからです。)
子どもが生まれると、皆がすぐに臭いを嗅ぎに来て新しい家族を覚えます。
出産中の無防備なメスや弱い生まれたての子どもはオスがしっかり守ります。


●ジャガイモの原種

ビクーニャはオスもメスも同じ場所で糞をします(共同トイレになっています)。

 大量の糞がたまる
     ↓
 それを肥料にする植物(アカウレ)が育つ
     ↓
 その実をビクーニャが食べて種入りの糞をする
     ↓
 また、新たなアカウレが育つ

植物(アカウレ)とビクーニャは共存していて、その植物はビクーニャの共同トイレにのみ見られます。
このアカウレという植物が今あるジャガイモの原種となっています。



にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると励みになります☆  



ペルーの旅 『 ペルーで出会った動物たち 』
植物の次は、ペルーで出会った動物たちをご紹介します☆


レモンはある時を境に、この↓4種類の動物たち(ビクーニャ、グアナコ、アルパカ、リャマ)を追い求めるようになりました
動物10←ホテルのパンフレットより

まずはマチュ・ピチュで出会ったリャマたち
動物2 動物4

動物6 動物9

大勢の観光客なんてお構いナシに、のんび~り のんび~り。
そして雨が降ってくるとすばやく移動!

マチュ・ピチュでベストショットが撮れなかった反動で、レモンはこの後、口癖のようにリャマ!リャマ!といい続けるようになります。 その可愛い姿にメロメロのレモンです。


ラ・ラヤ峠で出会ったアルパカの子ども
動物1

このね、足元がね、もうなんとも言えず・・!!!

シルスタニ遺跡で出会ったビクーニャの赤ちゃん
動物7

ビクーニャはもう数が少ないそうです・・

車窓から激写
動物12

こうなったら、もう車の中でものんびりしていられないレモンです


それ以外の、マチュ・ピチュで出会った動物たち
動物3  動物5

 動物8 動物11
↑巨大トカゲを探せ


またいつの日にかビクーニャやアルパカたちに会えますように・・・。
(何度も言いますが・・・あの足元がなんとも言えず・・・) 
 



にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると励みになります☆


ペルーの旅 『 高山植物 』
ペルーの高地で出会った植物たちをご紹介します☆


クツの形をしています。 
登山4 植物1
小人のクツみたいで可愛いっ

植物2 植物3

植物4 植物5

植物6 植物7




にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると励みになります☆  
           


ペルーの旅 『 6日目 フリアカ 』
シルスタニ遺跡に向かう途中に通りかかった ”フリアカ” という町です。

今まで、リマやクスコといった都会か、小さな小さな観光用の村にしか訪れていなかったので、
いまいちペルーの人々の生活を見ることが出来なかったのですが、この町はちょうどいいサイズ。
庶民的な雰囲気がして、生活のにおいがしました。

フリアカ1

フリアカ2

線路の上も生活の場
フリアカ3

メインストリート以外は舗装されていません
フリアカ4

日本でも、地方のほうが昔からの生活が残っていますが、そんな感じです。



にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると励みになります☆  
           


ペルーの旅 『 6日目 ラ・ラヤ峠~フリアカ 』


標高が高くなってくると、車窓の景色も変わってきます。

今までの低地(といっても2,000m以上ですけど229)とは違い、ほとんど木はありません。

ご覧のような草原?と青い空と白い雲。

空気も澄んでいてとっても綺麗です237。   バスの中から撮ってみました☆ 
車窓2-3

車窓2-2 

ぽつんぽつんと家が見えます。
車窓2-1

車窓2-4


雲がとっても低い所にありますね。

ちなみに、一番高地まで生える木は、ユーカリの木なのだそうです。



にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
             クリックしていただけると励みになります☆  
              





Copyright © 旅 時々 Photo ところにより にわか雨 . all rights reserved.