FC2ブログ
旅 時々 Photo ところにより にわか雨 
旅行と写真好きな管理人が、旅に関する色々な情報を自分勝手に提供します。☆☆現地情報やツアー情報等満載☆☆
タプローム(3)


ガジュマルの樹

タ・プロームでは、ガジュマル(榕樹。カンボジア語ではスポアン)の樹が凄まじい破壊力で遺跡に絡みついている様子を見ることが出来ます。
ガジュマルは巨大なものになると、幹の周囲が10mを超えます。
さらに驚くことに、巨木ではあるけれど、ほんのわずかな土があればどこにでも根をおろす強い生命力のある植物で、木の根は石像の顔を割り、あるいは塔ごと包み込み、境内の敷石をどこまでも這いながら建物を切り裂いていきます
その様子を見ていると、ここに調査に入ったフランス人が、ガジュマルの根を大蛇と見間違って腰を抜かしたと言うのもわかる気がします
根は遺跡の建物深くまで食い込んでいるので取り除くこともできず、いずれにしても遺跡は破壊されてしまう運命なのだそうです。
ちなみにこんなに大きな樹ですが、樹としての価値(家を建てる、家具を作る‥)は全くないそうです


(写真)
下段左・・・ガジュマルの樹の根に、さらに別の植物の根がはって、毛細血管のように絡まっています。
下段右・・・根のすき間をよ~く見てください。飲み込まれている仏様のお顔が!


タプローム6 タプローム7


タプローム4 タプローム3


タプローム10 タプローム11




にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
            今日は何位かな

スポンサーサイト







Copyright © 旅 時々 Photo ところにより にわか雨 . all rights reserved.