FC2ブログ
旅 時々 Photo ところにより にわか雨 
旅行と写真好きな管理人が、旅に関する色々な情報を自分勝手に提供します。☆☆現地情報やツアー情報等満載☆☆
引越し完了しました!

引越し、やーっと完了しました

いえ、周りを見渡せば・・・・・・終わってないともいえる。

でもやっとパソコンも使えるようになったので、無事に横浜に着きましたーって皆さんにお知らせしたくて・・・。(本当は現実逃避したいのかもしれない・・。)

まだまだ疲れがたーーーーっぷりたまっているので、隣のお部屋は見ないふりして寝ようと思います

それではみなさん、おやすみなさい☆



にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
            今日は何位かな?



ランキングをおそるおそるのぞいたら、落ちてはいるけれどなんとか持ちこたえた感じ。
これも皆さんのおかげ
レモンバジルが留守中もこのブログを守ってくれたみなさん、ありがとうございました
スポンサーサイト





もう1つ、業務連絡です☆


わかる人にしかわからない業務連絡です-



このブログ、恥ずかしいので家族や近くにいる友人にはにしていました。
(逆に、なかなか会えない友人には近況をお伝えするためにも連絡していました☆)

この1年、しっかりこの↑ルールが守られていたのですが・・・・

どうもレモンが自分のブログを皆に伝えた結果・・・

見つかってしまいました。(バジルごめんね・・←いないうちに誤っておこう

パソコンでレモンのブログを検索すると、こちらのブログも一緒にでてしまうようです。
(考えてみればそうですよね・・・。ここでも紹介してるんですから

「もう1つのブログは探さないで!レモンのブログだけにしてね!みつけても見ないでね!恥ずかしいから!」ってレモンに言われていても、見つけてしまったら見てしまいますよね・・・。
(そのくせ自分のブログは見てほしいなんて、なんてワガママな・・・

はい!そんな方はもう見ちゃってください!(みちゃった結果、この業務連絡を読んでいるともいえますが・・・。)

そして見終わったら、嘘でも何でも
「見たよ~。”頑張ってるね!”」って伝えていただけると嬉しいです



にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
            応援してね☆




いつ?って思っている皆さまへ


もうすぐお引越ししま~すとお知らせしたままで、それは一体いつなんだ!?って思っているみなさまへ


            明日、お引越しします


寂しい気持ちや不安な気持ちいっぱいですが、バジルと力を合わせて頑張ります

もうすぐバジルさんが帰ってきます



レモンを2週間もおいていくのはかなり不安だったようで・・・こんな↓指示をだしていかれました

① 冷蔵庫の中身を増やさないこと! (←引越し前ですからね

② 春の探検に出かけないこと! 

この②が問題でした・・・。レモンは気持ち良い季節になるとふら~っと探検に出かけます。(といってもほんのご近所ですが・・・) そして綺麗なお花なんかにつられてふら~っと行ったまま迷子になります。 (わかっているけどやめられない!)
”今回はお買い物に行かなくてもいいんだから、むやみやたらに外に出ないこと!東京からは助けられないんだからね!!!!!”って念を押されました。(情けない・・・。)

という訳で、今日は郵便局に行ったり図書館に行って親切なみなさんにお別れをしたり、市役所まで遠出をしたりと街をぐるぐるしてたのですが、どうしてもバジルの言いつけが頭から離れなくて、おとなしく帰ってきました。
                           ・
                           ・
                           ・
                           ・
                           ・
本当はね・・・ちょこ~っとわき道にそれた結果(←言いつけを守ってない)、あれ?ここは?!?!ってなったのです。でも、ぐるぐる行っているうちに偶然にも知っている道が向こうのほ~うに見えたので、迷子にならずにすみました。迷子にならずにすんだんだから、怒られないはず・・・



にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
            応援してね☆



アンコールワット(5) 十字回廊
十字回廊の辺りは、まだ当時の彩色が残っています

アンコール・ワット5-1

なにやら文字を発見!
アンコール・ワット5-2
                  ・
                  ・
                  ・
             拡大してみると・・
                  ・
                  ・
                  ・
読めませんねー。(当たり前!) このくるくるした字を石に刻むのは大変ですね
アンコール・ワット5-3


柱の下部分にあるレリーフ   (アプサラかな~?とってもしなやかですね
アンコール・ワット5-7

こちらも柱の下部分にあるレリーフ
アンコール・ワット5-4

十字回廊にはたくさんの仏像があります。
アンコール・ワット5-5

特に説明は無かったけれど、1体だけ↑特に大切に安置されている感じ。

アンコール・ワット5-8


にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
            応援してね☆




アンコールワット(4) 第一回廊(西)
やっと中心部にたどり着きました

まずは第一回廊から。たくさんの有名なレリーフがあります。

ラーマーヤナ』   ~サル軍の将・ハヌマーンと戦う魔王・ラーヴァナ~
アンコール・ワット4-3

写真中央少し右よりにある20本の腕と10の頭を持つのが魔王です。

ラーマーヤナ』  ~サル軍の将ハヌマーンの肩に乗って弓を射るラーマ王子~
アンコール・ワット4-1 

頑張ってはみたけれど、やっぱり見にくい写真ですね。レリーフ撮るのって難しいっ

第一回廊 (西側)
アンコール・ワット4-4

第一回廊西側には 『ラーマーヤナ』 と 『マハーバラータ』 のレリーフがあります。どちらも有名なものです。
でも、勉強不足のレモンに2つの物語のストーリーを聞くのはやめましょう

うっすら覚えているのは、『ラーマーヤナ』 はラーマ王子とサルの軍勢が魔王と戦う物語で、『マハーバラータ』は、王族家同士の王位をめぐる戦闘の物語だということくらい。
これ↑が正しいかも、これ↑がストーリーの全体なのか一部分なのかも分からないので、

やっぱりレモンに聞くのはやめましょう


にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
            今日は何位?





アンコールワット(3) 経蔵と参道


はい・・まだ中心部にはたどり着けません・・・

西塔門を抜けると、約350mの参道が続きます。 ガンバレおかあさん!ガンバレ私!


経蔵
アンコール・ワット3-1

アンコール・ワットには合計6つの経蔵があります。参道の両脇に2つ、中心部に2つづつ。
全て対称に建っています。”経蔵”と読んではいますが、実際の用途は分かっていないそうです

レモンは残念ながら、中心部の経蔵はじっくりと見ることが出来ませんでした(泣)
いつか絶対またバジルと来ることになる気がするので、その時こそは!!!


参道
アンコール・ワット3-2

参道の両側の欄干?はナーガの胴体になっています。
観光客は中心部の手前で参道を左に降り、聖池をぐるりと回りこむようにして中心部に向かいます。
(更に遠回り ガンバレおかあさん!ガンバレ私!


聖池
アンコール・ワット3-3

池に映る遺跡が美しいです。

ただ、皆様 よ~く写真をご覧ください! 遺跡に大きな緑色のシートが
修復中なのですね。でもせめてシートはもう少し目立たない色とか、スウェーデンのように遺跡の絵を描いて遠くからなら分からないようにするとか、何か工夫が欲しかったです

アジアらしいといえばらしいのですが・・・ね


お猿さん
アンコール・ワット3-4

聖池の脇で、お猿さんたちに出会いました。バリで出会ったお猿さんと親戚かな?頭の上の毛がモヒカンになってます。

毛づくろいしてもらっている方のお猿さんの姿勢がかわいい。
こっちが女の子に違いないと勝手に決め付けているレモンです。


にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
            今日は何位?



アンコールワット(2) 西塔門

ブログ的にも、この時の心境的にも、やっとここまで来たって気持ち


西塔門
アンコール・ワット2-1

真ん中の門は王様が使った門だそうです。通れなくなっています。
私たちは、向かって右側の門から入ります。塔門の両端にはなんとさん用の門があります。

王様専用の入り口
アンコール・ワット2-2

ナーガ
アンコール・ワット2-3

1つ上の写真の両端に写っている欄干?手すり?にはナーガがいくつも。
コブラの頭のような姿です。
色が変わっている所は修復の跡です。多分。


みんなの出入り口
アンコール・ワット2-4

私たちは向かって右の門から入ります。
あっ!ちょうどお坊さんたちが出てきました。観光に来るお坊さんにもたくさん出会います。

ヴィシュヌ神像
アンコール・ワット2-5

入ったらまずヴィシュヌ神におまいりします。
もちろん横を素通りしてもいいですよ。レモンは作法はよく分からないので、とりあえず気持ちだけはこめて、
日本式に手を合わせてみました。

デバダー像
アンコール・ワット2-6

西塔門の裏側にあるデパダー像。歯を見せて笑っている姿で有名です。
見た感想は・・・う~ん・・・口はとじててもらってていいですよ!って感じ・・かな。

西塔門の裏側
アンコール・ワット2-7

早くもここで一休みしている方々も・・・。レモンとお母さんもその一員に加わりました



にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
            今日は何位?





またまたお知らせ
引越し先が神奈川県になりました・・・アレ?

バジルが先に東京に行ってしまい、しょぽーんとお留守番をしているレモンに、バジルから連絡が入りました。なんと新居が神奈川県になったとのこと。関西人からすれば神奈川も東京も大して変わらないと言えば変わらないのですが、すっかり東京と思っていたので変な気持ちです

それにそれに、レモンの始めたばかりのブログ、 レモンのTokyo奮闘記 ☆ ・・・
タイトルどうしたら・・・

でも東京にも行きやすいそうなので、せっかくなので東京&神奈川の生活を満喫してこようと思います。

さぁ!あと少し、お留守番頑張るぞー!!!



にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
            今日は何位?




バジルがいないので、更新が滞りがちになってしまってます。
その間見に来ていただいた皆様、せっかく来て頂いたのに申し訳ありません。でも完全休業しているわけではないので、これからまた少しずつ頑張っていきます!

よろしくお願いします(ペコリ)☆        ~お留守番係 レモンより~





お知らせ
2年間の期間限定で東京へ引越しすることになりました。

寂しさと不安と楽しみで一杯ですが、期間限定の東京生活を満喫してこようと思います
(また、迷子の回数が・・・・・ byバジル)

そんなレモンが東京での日々の奮闘をブログ日記で公開することにしました。
そちらもどうぞよろしくお願いします

レモンのTokyo奮闘記 ☆



にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
            今日は何位?




アンコールワット(1)

アンコール・ワット (ANGKOR WAT) ★★★

創建者   : スールヤヴァルマン2世
創建年代 : 12世紀前半
信仰    : ヒンドゥー教

王都の寺(アンコール=王都、ワット=寺)の意味を持つこの寺院は、一時衰退していたクメール王国の威厳を誇示するために、スールヤヴァルマン2世が30年の歳月をかけて造らせたものである。
500年にわたり王都があったシェムリアップ地域は、経済、政治的要所であっただけでなく、宗教上の聖都でもあった。アンコール王朝では巨大な権力を持つ王は珍しく、いつも地方勢力と競合していたため、この聖地を支配下に入れて近隣を治めた王は前王よりも更に壮大な寺院を造り、その力を誇示した。アンコール・ワットの中央祠堂では、新しい王が王位についたことを全国民にアピールする厳粛な儀式が執り行われた。


また、アンコール・ワットは王の寺(墓)としてだけではなく、ヒンドゥー教三大神の1人、ビシュヌ神に捧げられた寺院でもある。これは死後に王と神が一体化するデーヴァ・ラジャ(神王)思想に基づくもので、中央祠堂はヴィシュヌ神が降臨し、王と神が一体化する聖なる場所と考えられていた。
寺院は信仰の対象物である以上に、王が死後に住むための地上の楽園として存在していたのである。


(全体図)                            (拡大図)
アンコール・ワット全体地図 アンコール・ワット中心部


9~15世紀にかけて築かれたアンコール遺跡群は、クメール人独自の宇宙観を現している。
アンコール・ワットの場合、


周囲を囲む5.6kmの環濠=無限の大洋
周囲3重の回廊=ヒマラヤ連峰
遺跡の中心にある中央祠堂=世界の中心にある神々が住む山(スメール山、須弥山)


を意味している。




さぁ、難しいお勉強はここまでにして、

いざ、アンコール・ワットへ~

西の参道から入ります
アンコール・ワット1-1

環濠だけでも幅約200m!!!

ほんっとうに大きくて 遺跡の外周は5kmもあるそうです。

見えてからなかなかたどり着かないーーー

ここからでは中心の5基の尖塔も見えないんですよ。


参道の真ん中
アンコール・ワット1-2

参道の真ん中辺りには、休憩所?のようにでっぱりがあります。
本当は時間があったらここでお弁当とか食べたいな。その前に怒られるか・・・


にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
            今日は何位?





カンボジアの気候とお昼寝とスパ


カンボジアの気候は熱帯モンスーン気候。1年は大きく雨季と乾季に分かれます。
レモンの行った10月中旬は、雨季から乾季に変わる時。雨も減り、気温も比較的涼しい時期です
が・・・しかーしっっ!
それでも暑い暑い。あぁ暑い!

そんなわけで、ここカンボジアでの観光は、エジプトのときと同じように(あっまだエジプト紹介してない?!?!ホントにカタツムリペースだから)、朝夕観光して、お昼はお昼寝です。
忙しい日本人観光客も、倒れたらもともこもないですからね

でもこの観光リズムが本当にありがたくって。
朝の観光で既に汗とホコリまみれ、砂まみれになってるので、ランチの後にシャワーをあびて、さっぱりした気持ちで満足げなお腹を抱えて昼寝をするのは本当に至福のひと時。遠く外国の地で、ひと時でも時間を忘れてお昼寝をしているなんて、それだけで贅沢な気分。(きっとお休みがいーっぱいの外国の方々はいつもこんな旅をしてるのですね・・・。いつも私たちがあくせく観光しているそばで、みなさんゆったり歩いてますものね。)

そして今回の旅には、もう一つ素敵なおまけがついていました☆ それは・・・

              スパ60分  

ホテルからのです。気候もホテルも、レモンはちゃーんと調べたのですよ!!
(胸をはって嬉しそうにしてるレモンに ”けちくさーい” なんて言わないでね。)

今回レモンが行き先を決めるに当たって優先したのは・・・、

おかあさんが行きたい所
安全なプラン
気候
どの地でもギリギリまでホテルが使えること (ゆったり過ごせるように・・・)

そして
 ・
 ・
 ・
おまけがあるとさらに嬉しい (やっぱりけちくさい?←これ標準語ですか?)

あんなにおかあさんと話し合って行き先を決めましたが、さらにレモンの中にはこんな条件があったのですねぇ

レモンもお母さんも始めての海外スパ体験。

レモン    : 怖くないかな~
おかあさん : こっちに行けばいいのかなぁ
レモン    : 名前言えばいいんだよね。日本と同じだよね
おかあさん : 大丈夫だよね

・・・。これから癒しの空間に行こうとしてる人にはとても思えない2人

結果は、とーっても気持ちよかったですよ。ただし、日焼け等で弱ってる肌に、慣れないオイルやクリームはきつかったみたい。後でレモンはかゆくなりました。ちょっとですけど・・・。

お腹も満足、スパでリフレッシュ、ゆっくりお昼寝、おまけのお散歩とティータイムの後は・・・


いよいよ アンコールワット デス。  まっててね~アンコールワットぉ~!!


やっとなんて言わないで下さいね!今回滞在した素敵ホテルも、またご紹介しますね☆



にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
            今日は何位?






ランチでのこと
カンボジア観光初日のランチはカンボジア風?中華料理でした。

こんなレストランです↓
ランチ(シェムリアップ)1 ランチ(シェムリアップ)2


味は・・・普通・・かな?
問題は・・・いつも言ってますが・・・その量
きっと男性女性関係なく大人2人分の注文だから、女性2人だとキツイのですね

そして、このレストランでの食事を最後に、ガイドさんとお別れをしました。

いえ、ちゃんと説明しますと・・・

ガイドさんを変更してもらったのです。

カンボジアに到着したときに、現地旅行社からこんな案内の紙をもらっていました。

『ベトナムのガイドは勤勉で、お客様に喜んでいただこうと一生懸命努力しておりますが、残念ながらまだまだ日本人や日本人の価値観を完全に把握できるまでには至っておりません。このサービスちょっと変じゃない?ガイドの態度が気に入らない!などなんでも結構です。日本に帰ってからではなく、ベトナム滞在中にご連絡ください。 些細なことでも! 』

って書いてありました。”ベトナム滞在中”と"些細なことでも”はすっごく強調されてます。
今まで色んな所を旅してきて、まず最初にそんな案内をされた国は初めてでした。後から知ったことですが、カンボジアのガイドさんは本当にピンきりで、トラブルも多く発生しているそうです。

そのためか、食事をしているときに、旅行社からガイドの確認の連絡がはいりました

私たち、すっごく迷ったんです
私たちのガイドさん、悪い人ではない。お金を言ってきたりしたわけじゃない。私たちが何か悪いこと言ってガイドさんがクビになったら?!?!

でも・・・私たちのガイドさん目的地には連れて行ってくれるけど、説明や案内はしてくれないし・・。目的地に着いたら放置だし・・・。電話ばっかりだし・・。スタスタ歩いて行っちゃうし・・

レモンとおかあさんの初めての2人旅、大切な旅行。この後もずっとこんな気持ちじゃイヤだ!って思って、分厚いオブラートに包んで旅行社に伝えました。(実際に伝えたのはおかあさんです。いつもこんなときおかあさんは頑張ってレモンを守ってくれます。嫌な思いさせてゴメンネ。)
ガイドさんがこれでクビになったら嫌だから、"スタスタ歩くスピードに、ついて行くのが大変です。できれば女性ガイドさんが嬉しいのですが・・・って伝えました。

そんなわけで、このガイドさんとお別れをしました。

この後、来てくれた新しいガイドさんは、可愛らしい女性ガイドさんでした。

ガイド歴、2日目!! って聞いたときには、コレは私の出番?クレームがあった所に、変更で派遣したのがガイド歴2日目の超新人ガイドなんて!!って思ったんです。今度はレモンが頑張らなきゃって。

でも、実際には素敵な人でした。
超新人かもしれないけど、一生懸命説明してくれて、その内容は今までの10倍!

おかあさん、頑張ってくれてありがとう☆



にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
            今日は何位?





プリアカーン(4)
ひき続き、プリア・カンをご紹介しています☆


西門
プリアカーン4-1

西門を通って振り向いたところでパチリ。 東側より随分静かです

西門を通って長い道を歩くと・・・西塔門へ

西塔門
プリアカーン4-2

西の入り口にもナーガの胴体を引き合う神々と修羅
プリアカーン4-3

基本的には東と西、北と南がそれぞれ対称の造りになっています。

長い参道
プリアカーン4-5

参道に並ぶリンガを模した彫刻
プリアカーン4-4

土台部分にはガルーダが、上部の多くは仏陀が彫られていたが、多くは削り取られています。

仏教の否定の仕方が徹底されていないようで、仏教とヒンドゥー教が混在しているという印象が残る遺跡でした。


ここで、プリア・カンの紹介はおしまいです。記事4つになってしまいました
あまりにも簡単観光だったので、帰国後はなかなか記憶を呼び起こすことができず苦労しました
後から調べて勉強すればするほど、もう一度しっかりと見てみたい!と思うようになりました。いつか必ず・・・。


にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
            今日は何位?





プリア・カン (3)

ひき続き、プリア・カンをご紹介します


今回は、プリア・カンで見かけたレリーフをご紹介しますね


ここにもありました
プレアカーン3-1

ここはタ・プロームではないけれど、ここにもありました! 遺跡に絡みつく


剥ぎ取られたレリーフ
プレアカーン3-2

プレアカーン3-3

剥ぎ取った後に、ヒンドゥーの神様を彫ったようです。

デバター像
プレアカーン3-4

プレアカーン3-5

この後たくさん出会ったデバター像の中では、下半身がしっかりタイプのプリア・カンのデバダー像

うにょうにょのレリーフ
プレアカーン3-6

(注) ”うにょうにょ”はレモンなりの表現です。そんな名前のレリーフではないですよ~。(当たり前!)

こんなのんびりレモンとは違い、よく見ると戦いの様子を描いたレリーフのようです。

何となく気になったレリーフ
プレアカーン1-6

アップにしてみると・・・↓

プレアカーン1-7

動物たちがいっぱい。どんな物語か知りたいなぁ~。

”シェー” してるように見えるのはバジルだけ??・・・




にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
            今日は何位?



プリア・カン (2)
ひき続き、プリア・カンをご紹介します


中央祠堂とストゥーパ (仏塔)
プレアカーン2-1

無数に開いている小さな穴には宝石が埋め込まれていたそうです


プレアカーン2-2


リンガ台
3つのリンガが収められていたリンガ台は珍しい。
右(北)からヴィシュヌ神(存続神)、シヴァ神(破壊神)、ブラフマー神(創造神)を祀る物と
されている。

プレアカーン2-3

仏塔もリンガもあって、仏教とヒンドゥー教が混在してますね。


プレアカーン2-4




にほんブログ村 旅行ブログへ ← ブログランキングに参加しています。
            今日は何位?




Copyright © 旅 時々 Photo ところにより にわか雨 . all rights reserved.