FC2ブログ
旅 時々 Photo ところにより にわか雨 
旅行と写真好きな管理人が、旅に関する色々な情報を自分勝手に提供します。☆☆現地情報やツアー情報等満載☆☆
ペルーの旅 『 マチュ・ピチュ 居住区域 』


居住区

インティワタナの丘を下り、大広場を横切った反対側にはたくさんの石造建築物が残されている。居住区域だったとされる場所である。
住む場所は聖職者の居住区、貴族の居住区、技術者の居住区、庶民の居住区といった具合に、その職業によって定められていたと考えられている。
より高い場所により高い階層の人々が住み、身分が低い者ほど石の積み方が雑な家に住んだ。

居住区域1

居住区域2

この居住区域は、建物が密集しています。
他の建物同様、屋根が無くなっているので、一見家とは分かりにくいですが、
通路を歩いていると、ひょっこりインカの人々が出てきそうな不思議な感覚にしてくれる場所でした。

居住区域をはじめ、遺跡の建物の壁には下の写真の右側にあるような突起物があります。

屋根1

これは、下の写真の左側に写っているように屋根を固定するために使われていたもの
だそうです。
屋根2

マチュ・ピチュの全てに屋根が残っていたら、圧巻だったでしょうね。

マチュ・ピチュの雰囲気もまた、全く違ったものになっていたことだと思います。




にほんブログ村 旅行ブログへ ←皆さんにお願いしてから、なんと100位以内に入れるようになりました!
            ありがとうございます。ランキングが上がると嬉しくなるので、
            クリックお願いします☆        (害はありません!)





スポンサーサイト





ペルーの旅 『 マチュ・ピチュ インティワタナ 』


インティワタナ

聖なる広場から高台に上がると、インティワタナ=太陽をつなぎとめる石 が置かれている。花崗岩の巨石を削ってつくられたもので、ほぼ中央に高さ36㎝ほどの角柱が突き出ている。
角柱の各角は東西南北を指し、冬至(インティ・ライミ)の日には、太陽が角柱の対角線上を通過する。
天体観測に使われたと考えられており、また、一種の日時計、あるいは礼拝用の石だったとも考えられている。日食を恐れたインカの人たちが、ここで家畜を生贄として太陽神に捧げていたという報告もある。


インティワタナ1

初日の土砂降りの中、やって来ました。 おかげで独占できました!!
二人でじーっくり見れたのはよかったけれど、”うっすら霧が出てステキ” レベルも超えてきたので、また明日来ることを誓って、ホテルに戻りました。


そして翌日→素晴らしい!!!
インティワタナ2

ここからの眺めは抜群。北にワイナピチュ、南にマチュピチュ、谷をへだてて東にプトゥクシ、天気がよければ遠く西方にはサルカンタイの雪の頂を望むことができます。

周りの人の話に耳を澄ましていると、みなさん、”このインティワタナはこの↑角度から見るとワイナピチュと同じ形に見えますよー”って説明を受けているようです。
ふむふむ・・そう言われてみると何となく??



インティワタナ3

反対側から全体像を見てみました。(この反対側は断崖絶壁なので行くのは不可能!)
左下の方が、主神殿や三つの窓の神殿があったところです。

遺跡+ワイナピチュ+空 が1枚の写真に収まればどこも絵になるなぁって思っていたけれど、
このうっすら緑をかぶった雰囲気もステキです☆


インティワタナには、1日目の夕方に土砂降りの中行って(おかげでインティワタナ独占です!)、翌日今度は晴天の中再び行って(今度はものすごい人ごみでした)、ここでも二つの顔を堪能できました。





にほんブログ村 旅行ブログへ ←皆さんにお願いしてから、なんと100位以内に入れるようになりました!
            ありがとうございます。ランキングが上がると嬉しくなるので、
            クリックお願いします☆        (害はありません!)






ペルーの旅 『 マチュ・ピチュ(3) 』


ずいぶん寄り道をしてしまいました・・。そろそろペルー旅行記に戻ります229


(少し前回の記事と内容がかぶりますが・・・)



マチュピチュ観光の初日、いつものごとく雨が降ってきました。
でも私達にとってそれは毎度のこと。地球の裏側に着たのに雨なんかに負けてらんない!と観光していました。

でも、今回のツアーの良いところは、次の日もマチュ・ピチュ観光が出来る事。
(何度も言いすぎですね230 だってゆっくりマチュピチュを見れるのがもう嬉しくて237

その夜は本当に祈りました。 晴れ男さんにも祈りました278

そして・・・   2日目は 見事な快晴1891189 です!!!

霧が立ち込めるマチュ・ピチュと快晴のマチュ・ピチュ。
どちらも本当に素晴らしく、感動です。(何度、感動という言葉を使っただろう・・・)
本当にいろんな顔を見せてくれました☆

マチュ・ピチュに行くなら、絶対に2日間観光できるプランにしたほうが良いです!

日帰り観光の場合、3時間程しか滞在できないそうなので、もったいないです!



というわけで、次からの記事では光り輝くマチュピチュもご紹介したいと思います☆




にほんブログ村 旅行ブログへ ←皆さんにお願いしてから、なんと100位以内に入れるようになりました!
             ありがとうございます。ランキングが上がると嬉しくなるので、
             クリックお願いします☆        (害はありません!)







『おかあさんと旅をしよー。』 ビザを取ろう!


さて、カンボジアはビザがいります。

旅行社の担当の方から案内をいただきました。 それを見ると・・・
大使館or領事館に2回行かなくてはなりません。 2回?!?!183
その日にくれないのかぁ195195 私にはよくてもおかあさんには大変です。

そこで、大使館のHPなどでよく調べてみると、郵送でもOK179とのこと。
あーよかった! あきらめの悪い私、エライ!!
返送料金等などプラス料金はありますが、おかあさんの2往復分の交通費を考えると
郵送できまり!234

早速おかあさんに連絡。





にほんブログ村 旅行ブログへ ←皆さんにお願いしてから、なんと100位以内に入れるようになりました!
             ありがとうございます。ランキングが上がると嬉しくなるので、
             クリックお願いします☆        (害はありません!)









不安な毎日

バジルが倒れている間に、『 おかあさんと旅をしよー 』 奮闘記を公開していたレモン。

バジルは、不安な毎日を送っています。

なぜって!?

そりゃ、そうでしょう。
いつも、あっちキョロキョロ、こっちキョロキョロのレモンをバジルが何とか目的地まで
連れていっています。

そんなレモンが人を連れて旅行に行けるかなぁ・・・・・

しかも、レモンが『 今回は私がしっかりしなっきゃ 』って頑張っている姿を見ると
余計に不安・・・・

この親子が迷子にならずに帰ってくることを、ただただ祈る毎日です。





にほんブログ村 旅行ブログへ ←こっそりランキングに参加していました。
             ランキングが上がると嬉しくなるので、クリックお願いします☆
                                    (害はありません!)



『おかあさんと旅をしよー。』 祝?!1ヶ月前


先日、旅行1ヶ月前を迎えました。

おとうさんとバジルを前にした、おかあさんとレモンの会話↓


レモン     おかあさん!とうとう出発1ヶ月前だねー。

おかあさん  だねー。

レモン     キャンセル料かかってくるねー。 もう後戻りできないね!

おかあさん  ねっ☆ 行くっきゃないね!

レモン     行くっきゃないよ! ねー☆

おかあさん  ねー☆



おとおさん  ・・・。

バジル    ・・・。・・・。


二人とも心配でいっぱいのようです。 そんなに?!ってくらい不安そうな顔です229

ちなみに母娘そろって、もんのすご~く方向音痴です。
おかあさんの方向音痴が遺伝し、それがさらにバージョンアップしたのがレモンです。
同じ道も方向が変わると???です。 だから帰ってこれません201 恥ずかしい201(でも本人真剣) さらに好奇心旺盛+方向音痴は致命的。4年住んでるこの町でも、「あれなんだろーっ」てわき道それては家に帰れなくなってバジルに電話しています。(情けなし・・・)

でも、安心して! 
だからこそ私たちは、自分たちに自由時間を与えないようにしたよ!234

一瞬たりとも、2人で歩ける機会はないツアーです229






にほんブログ村 旅行ブログへ ←皆さんにお願いしてから、なんと100位以内に入れるようになりました!
            ありがとうございます。ランキングが上がると嬉しくなるので、
            クリックお願いします☆        (害はありません!)



『 古代文明ミステリー 』



   『 古代ミステリー 幻の黄金帝国 インカに眠る12の謎 』


ペルーに行ってから、興味をもって色々勉強してきました。このブログも、写真&旅ブログなのにペルー専門ブログと間違われそうな勢いです229

昨夜のこの↑番組、ペルーなのに珍しくナスカの地上絵も空中都市マチュピチュもでてきまん。
でもそれがかえって新鮮!しかもその分他の部分が密度濃く、新たな発見、日本未公開のシーンも多く、見応えがありました。

今まで全く知らなかった”チョケ・キラウ”、いつか行ってみたいなぁ・・・。
でもここは日本での映像公開は今回が初めてとのことなので、私たち一般人が行けるようになるには一体いつになるかなぁ???はたして行けるようになるのかどうか。
考え方をかえれば、そんなところだから無事残っていたってことだし、これからも残っていきやすいのかも知れませんね。

それと今回、想像上とはいえ、クスコの黄金神殿を映像で見られて嬉しかったです。
ほっとんど破壊されて土台が残るのみのこの神殿、5月に訪れたときには一瞬でいいから見てみたかったなぁってすっごく思いました。
数少ない資料を基にした想像上の黄金神殿でも、私たちの頭の中の太陽神殿をイメージ化するのをとても助けてくれるものでした。


番組に出てきた12の謎とその答えをざっと書き出してみますね☆

謎1 スペインはインカからどうやって大量の黄金を得たのか?

    →スペインは皇帝アタワルパを捕らえ、アタワルパから解放の条件として、大量の黄金を引
      き出した。   

      詳しくは→『 インカ帝国滅亡 』



謎2 太陽神殿のトウモロコシは、なぜ黄金で作られたのか?

    →永遠を求めたミイラには、不死のもの=黄金のトウモロコシが必要だった。

      詳しくは→『 インカの黄金


謎3 インカの黄金技術のルーツは?

    →シカンから受け継がれた。

      詳しくは→『 シカン文化

      シカン文化の黄金技術はすばらしいものだった。一見純金に見えるそれは、実は銅との
      合金である。合金にすることにより強度が増し、さらに表面の銅を高温で酸化させ、表面
      に浮かび上がってきた中の銅を取り除き、植物性の酸で磨くことにより、純金製と同じ輝
      きを作り出した。
      銅を酸化させるには1000度以上の高温が必要だが、シカンの人々は、炉に取り付けら
      れた筒から息を吹き込むことによって高温を作った。
      シカンの黄金職人はチムーに連れて行かれ、その技術はインカへと伝わった。


謎4 インカはなぜ強大な帝国に急成長したのか?

    →インカ道で地方都市を結び、太陽信仰を伝えていった。

      太陽=神、皇帝=太陽の子 と考えられていた。


謎5 なぜ険しい山中に空中都市を築けたのか?

    →餓えのない社会、夢の福祉社会国家だった。


謎6 なぜ白いリャマが段々畑の壁に描かれたのか。(ロロ遺跡)

    →白いリャマは、神である太陽への生贄として描かれた。


謎7 なぜアンデスでは山岳文明が花開いたのか?

    →山岳地帯の気温差を利用することで食料を得、長い間、山岳地帯に暮らし、
      適応してきた民族であった。
 

謎8 なぜ、ロロ神殿の墓には子供や女性たちが多いのか?

    →女性貴族が埋葬されていた。


謎9 女性と銀の関係は?

    →補い合う2つの関係という考え方。

      太陽=金=男性、月=銀=女性 という考え方が存在する。


謎10
 ロロ神殿の逆さま埋葬の主は、なぜ頭が前を向いているか?

    →死者を移動させる行為が盛んに行われた。その為、時には損傷させることがあった。
           

謎11 インカはなぜミイラを必要としたか?

    →皇帝は死後もミイラとなり、生前と同じように扱われた。
      生前の領土もそのまま保有し、統治していくためにミイラが必要だった。

     詳しくは→『 インカ王の生活


謎12 太陽神像とはどんな形をしていたのか?

    →太陽神殿の中庭には黄金のトウモロコシと砂金の土、黄金の等身大リャマと牧夫の像、
      黄金の噴水があった。
      黄金の台の上には太陽神の像が飾られていた。神像は手のひらに乗るほどの小さなも
      のだったと考えられている。



確か、こんな↑感じでした。 (間違ってたらごめんなさい・・)

またいつか行ってみたいなぁって強く思いました。 
次はもっとおじさん&おばさんになった頃かなぁ。 おじいちゃん&おばあちゃんになる前には行きたいなぁ。





にほんブログ村 旅行ブログへ ←こっそりランキングに参加していました。
             ランキングが上がると嬉しくなるので、クリックお願いします☆
                                    (害はありません!)








『おかあさんと旅をしよー。』 行き先決定!-その2-



行き先が決まったことで、すでに大きなことをやり遂げた気持ちのレモンです。

まだ微妙に雨期の季節ですが、10月に行くことにしました228


一見、長いといっても1日で話し合いは終わったように見えますが、実際には行き先を決めるのに約1ヶ月(!)かかっています。


「この間言ってたことと違うじゃない!」ってなったときには、深呼吸して、例のバイブルを思い出して、ぐっと この↑言葉を こらえて、
「じゃあ、こうしようよ!!!」 って言うように心がけています。



慣れない国に、言葉もダメなレモンがお母さんと一緒に旅にでる・・・。
なんて危険な響き・・・229
きっとうまくいかなくてイライラしたり、けんかしたりする気がします。
お母さんに頼られて、私ばっかりつかれる!! ってなる気もします。

でも、きっとそれはお互い様!
私のペースにあわそうとして、お母さんも大変なはず!

この滅多にないチャンス、バイブル 『おかあさんと旅をしよー。』 をもう一度熟読して、
ステキな旅にしたいです


おかあさーん! いつもバジルに頼りっぱなしのレモンが頑張るからねー!!




にほんブログ村 旅行ブログへ ←こっそりランキングに参加していました。
             ランキングが上がると嬉しくなるので、クリックお願いします☆
                                    (害はありません!)


 



『おかあさんと旅をしよー。』 行き先決定!

 


さて、先日バジルがウイルス性胃腸炎で倒れている隙を狙って(?)、

『 おかあさんと たびをしよう! 』

計画を発表しましたが、ただ今現在計画は着々と進行中。


現在の私の愛読書はコレ ↓





現在のレモンのバイブルになっています。 なぜかって?

レモンは今、この本から学び、そして実感しています。

お母さんとの旅は、忍耐ですっっ!!!

計画段階から振り回されっぱなしのレモンです。201




もともと ”○○に行ってみたいね”から始まった計画ではなく、”一度、母娘で旅するのもいいね”
から始まった計画です。 なので、行き先を決めるのも紆余曲折・・・。


おかあさん  「満天の星が見たいから、モンゴルがいいなぁ。」

レモン     「モンゴル・・・今から寒いよ。極寒かもよ。大丈夫?」

おかあさん  「極寒はイヤ! じゃあ・・・お父さんが行かないアジアがいいなぁ。」


レモン     「じゃあ、それで決まり!アジアの国から選ぼう。」

おかあさん  「でもね、飛行機はいやなの・・・。


・・・。 おかあさん。それでは、どこも行けませんよ!もちろん、モンゴルも。ここは島国ですし。


そして、行き先選びは進む。


おかあさん   「2人とも行ったことがないベトナムがいいな。」

レモン      「OK! じゃあベトナム周遊か1都市かどっちがいい?」

おかあさん   「ベトナムって、戦争思い出して悲しい気持ちになるの・・・。


・・・。おかあさん。それでは、ベトナムは却下ですか?



そして、さらに話は延々と続く。


レモン      「1箇所にしぼるか、色々まわるかどっちがいい?」

おかあさん   「せっかく行くのに、飛行機も頑張るのに、1箇所なんてイヤ。」

レモン      「色々行きたくて・・・でもベトナムばっかりは悲しい気持ちになって・・・でも
           ベトナムには行きたいのね230。」

おかあさん   「そう!そうなの!」


・・・。了解。 頑張って考えます201。おかあさんはしばし待機願います。



レモン      「あのね、ベトナム1都市とアンコールワット(カンボジア)ってどう?}

おかあさん   「おかあさん、アンコールワット見てみたかったの!!」

レモン      「私も!じゃあ決まりだね!!大体急いでまわるので5日コースからみたい。」

おかあさん   「急いではイヤ。」

レモン      「じゃあ、6日から考えよう。」

おかあさん   「あっ。 ・・・。 あのね、おかあさん、そんなに長くお父さんを置いていけない・・。」


・・・。 おかあさん。 5日と6日の間はないよ??


 


長い、長い、長~い話し合いの結果、行き先”は”決まりました。


 


ハノイ(ベトナム)とアンコールワット(カンボジア)に行こう!37


 




 


にほんブログ村 旅行ブログへ ←こっそりランキングに参加していました。
            ランキングが上がると嬉しくなるので、クリックお願いします☆
                                    (害はありません!)




復活!

レモンもパソコンも寝込んでおりましたが、やっと復活です

バジルを散々看病した後、見事ウイルスを引き受けて倒れておりました・・・。(理不尽だ。)
もちろんバジルは仕事に復帰!
頑張って働いてくれるバジルに感謝しつつも、私は一人で寝込むのか・・・とどこか悲しかった
レモンです。

その後、今度はパソコンが倒れました201(あっウイルスではないです。ご安心を!!)
その間レモンは、旅仲間の方からいただいた旅行日記が楽しみにしていたのに読めず(バジルは復活してさっさと読んだようです)、バジルが寝込んでいる間にちゃっかり発表した”おかあさんと旅をしよう”の続き記事も発表できず、いーーーー238でした。

そして、やっと復活です。
バジルが他のお仕事をしてくれている間に、これからこっそり”おかあさんと旅をしよう”の続きを書いてみたいとたくらみ中です。 うしし278




ペルーの旅 『 雨男・雨女 VS 晴れ男 in マチュ・ピチュ 』

雨が止み、観光 第2弾に出発したレモンバジル。


これまで何度も紹介してきましたが、私たちの雨男・雨女っぷりはかなりのものです。
もう見事です。
(雨男雨女なんて迷信!と思っていた私たちも、こう毎度毎度だと認めるしかありません230。)


それがこの旅では、これまで雨らしい雨にも会わずに済んでいました。あれ?あれれ?
実はツアーのメンバーに、かなりの晴れ男さんが参加されていたのです。
「雨なんて降ったことないよ。だから大丈夫!」 と、いつも雨を気にする私たちに一言。

そして、見事その方の晴れ男パワーに、私たちの雨男・雨女パワーは完全に押さえ込まれていたようです。


それを証拠に・・・


私たちがマチュ・ピチュに入って行くと、ちょうどその方が観光から戻ってこられました。

カメラの電池が切れてしまったので、ホテルに帰るとのこと。

わたしたちは、「雨が止んでよかったですねー。いってきまーす!!」と元気に挨拶して分かれました。

そして・・・・・・・・・・・・・・・。 もうお分かりだと思いますが・・・・・・。

それから、あっという間に・・・それまでの天候が嘘のように大雨に333

せっかく出てきたのだからと時間の限り観光は続けましたが、土砂降り状態です。

それを夕食の席でその方にお話しすると、その方がホテルに入るまでは雨は降っていなかったとのことでした。


やっぱり、私たちの雨男・雨女パワーが弱まったのではなく、その方の晴れ男パワーでなんとか押さえ込んでもらっていただけだったようです。



P.S 雨のマチュピチュも少し霧が出て綺麗です。空中都市といわれるマチュピチュにピッタリ。
    でも、”土砂降り”のマチュピチュは危険です。
    足元が石で滑りやすいのと、日本のようにいたれりつくせりの安全対策ばっちりの手すりは
    ありません。
    レモンもしっかり滑りました。手すりがあるところだったけど、高すぎて、傾いた体から手を
    伸ばしても届きませんでした。あと少し滑ってたら・・・282




ペルーの旅 『 マチュ・ピチュ (2) 』


無事、復活しました189!!
ご心配いただきありがとうございました。(by バジル)

そして、ウィルス君たちは、レモンにお引越し230


↑ 体調が逆転したレモンバジルが引き続き、マチュ・ピチュ案内を続けます。


感動のマチュ・ピチュと出会い、太陽の門→石切り場→三つの窓の神殿→主神殿と観光しているころには、雨がかなり降ってきました。

この後、王女の宮殿・太陽の神殿・陵墓・居住区域の石臼をさらっと見学していると、更に雨足が増してきたので、ホテルに戻ることに。3

時間は、午後3時前。マチュ・ピチュの閉場時間まではまだあります。


ここで、今回こだわった 『 サンクチュアリ・ロッジに宿泊する 』 が威力を発揮!!
移動の疲れと高山病の症状もあったので、ひとまず部屋で休憩をし、雨が止むのを待ちました。

他のホテルではこうは行きません。
麓の街 アグアス・カリエンテスのホテルに泊まっていても、麓までバス35で往復1時間かかるります。さすがにこの時間からホテルに戻るのは厳しいものがあります。
しかも、山の上と下では多少天気も違いますから、麓で雨が上がったと思っても上では降っていたりすることがあります。

その点、サンクチュアリ・ロッジに泊まっていれば、窓の外の天気がそのままマチュ・ピチュの天気なので、雨が上がったらすぐに外にくり出せます。

結局、1時間ほど休憩し、雨も上がったので、第2弾の観光へ出かけました。






ペルーの旅 『 マチュ・ピチュ 主神殿 』

主神殿

聖なる広場の北側に建つのが主神殿である。
壁には17もの台形の壁がんが作られている。

主神殿1

スーパーガイドMさんの解説では、この主神殿は聖なる広場を向いて口が開いている構造に
なっているため、大きな石の台の上で、偉い人が儀式を行ったり、話をしたりしたのではないかとのことです。

また、右側の壁の一部に中途半端に出っ張った部分があり、ちょうど反対側の左の同じ部分には同じような出っ張りを削った跡があるので、右側も削る予定だった=この主神殿は未完成であったとも考えられるそうです。

主神殿2上の写真の左下で皆が見ているのが、この石です。

この石は、南十字星の形をしていて、四つの角が東西南北を正確に指しているそうです。
ペルーの旅では方位磁石があると、さらに楽しいかもしれません。

なんと、壁の一部がグニョッと歪んでいます183。崩れそうで心配。
以前ペルーで大きな地震があった際に壊れたそうです。

主神殿もそれほど特徴的なものではありません。
マチュ・ピチュは、一つ一つの建物は、それほどどうということはないのですが、その全てが
作り出すあの空間はなんともいえない感動を作り出してくれます。









ペルーの旅 『 マチュ・ピチュ 三つの窓の神殿 』

三つの窓の神殿

東に三つの窓を持つこの神殿は、インカの初代皇帝マンコ・カパックがタンプ・トコの洞窟の”三つの窓”から誕生したという創生神話に由来する。現在では、タンプ・トコはクスコ近辺と考えられているが、ハイラム・ビンガムはこのマチュ・ピチュの地こそ、聖地タンプ・トコであると解釈した。
”三つの窓”は夏至の日の出の位置を完璧にしめしている。

三つの窓の神殿2

三つの窓の神殿1

”神殿”と言っても、大きいとか荘厳という印象は全くなく、”あっこれね”といった感じです。
(神聖なものなのにゴメンナサイ)

でも、下の広場から見上げる景色は、”三つの窓”が可愛くて好きです☆


以前ご紹介しましたが、インカの起源の伝説はいくつかあります。ここでも私たちの
知らない”タンプ・トコ”なる伝説の地名が出てきました。
本当に何個、伝説があるのでしょう?



またまた嬉しいことがありました!!

 


189ペルーでご一緒した方から、お便り(150)が届きました189

嬉しくて、またこんなところで発表しちゃいました。(もちろん内容は247デス。)
本当に、こういうことって嬉しいですっっ237
だって、一時とはいえ、旅行中はずっと一緒の旅の仲間ですもの。
(あっ でもレモンが一番チビだったので、仲間というよりも、大人の皆さんに相手してもらってた感じもあります・・)
こういうご縁を本当に大切にしたいと思います228
皆さん、この場をお借りして、 ”これからも、末永く、よろしくお願いします!”


昨日から、バジルが寝込んでいます。 ウイルス性胃腸炎だそうです。
・・・。 心配です182
バリからの帰国後すぐなので、とうとう私たちも旅で病気をしてしまったのか!と思いましたが、
全く関係ないそうです。ふぅ。
病床のバジルを励ましながら、(わがままに付き合いながら?)
”バジルの分まで頑張って、一人でブログ更新するぞっ192” って思っています。
そこで、バジルがいない間に緊急発表です!!


現在レモンは、

『お母さんと旅に出よう!37  を計画中(たくらみ中?)です☆

もちろん、バジルはお留守番です278
行き先は、ベトナムとカンボジアです。
”~に行きたいね” から始まった企画ではなく、”一度ふたりで旅をするのもいいね~” から
始まったので、行き先を決めるにも紆余曲折あり。
計画~帰国までのレモンの努力(苦労?)も ”お母さんにナイショで” お伝えしていきます☆


 





ペルーの旅 『 マチュ・ピチュ 石切り場 』

石切り場

太陽の門をくぐってまっすぐに進むと石切り場に出る。大きな石の塊がゴロゴロと転がっている。マチュ・ピチュ建設のために必要だった石の多くは、ここから切り出されたとされている。
石を切り出すために楔が入れられた跡のある石や、コンドルの絵が途中まで彫り込まれている石なども残されている。


石切り場

見ての通りの、岩の山です。石切り場と言われればそんな気もします。
スーパーガイドMさんが自説を説明してくれましたが、忘れてしまいました。

でも、ここだけの石でこの大きな遺跡を作れたのだろうか。

帰国して4ヶ月。ここまで来るまで時間がかかり過ぎたのか、忘れっぽいのか・・・229





ペルーの旅 『 マチュ・ピチュ 太陽の門 』

太陽の門

こここそがマチュ・ピチュの正門。
ウルバンバの山中に作られたインカ道は、この太陽の門まで続いている。
門には侵入者を防ぐために、大きな石が落ちる仕掛けがあったとも言われている。

太陽の門

この門を通ると、マチュ・ピチュの市街地に入っていきます。
今でもインカ道トレッキングに参加して、歩いてマチュ・ピチュまでやってくる人たちの
ゴール地点になっています。

少し下がったところに門があるので、階段の中ほどから見ると太陽の門と市街地、そしてワイナピチュを一度に見ることが出来ます。感動です。

この写真では、奇跡的にも誰も写っていませんが、いつもは記念撮影をする人が階段沿いに列を成しています。 (奇跡的じゃないもん!!頑張ったんだよ240!! by 写真担当 レモン)

普段はこんな↓感じ。
太陽の門2




ペルーの旅 『 マチュ・ピチュ 入場 』


マチュ・ピチュの入り口です。
世界中からやってきた人々で一杯。

この入り口を入れば、いよいよ待ちに待ったマチュ・ピチュです。
入り口

             ↓

             ↓
             
             ↓
             
             ↓
             
             ↓

                入り口を入り、しばらく歩くと・・・             


             ↓

             ↓

             ↓
             
             ↓
             
             ↓


初マチュ・ピチュ

!!!!!!!!!

息をのむって良く言うけれど、本当に息をのんだのは初めてです。

視界が開けてマチュ・ピチュの全景が目に飛び込んできた瞬間、来る人来る人全員が
息をのんで立ちすくんでました。

地球の反対側に来てまでも、また、雨でした。

でも見てください!!この景色!!
雲がワイナピチュにかかり、少し霧がかったマチュ・ピチュも最高です。



ペルーの旅 『 マチュ・ピチュ 』

マチュ・ピチュ(MACHU PICCHU) ★★★

マチュ・ピチュはクスコからウルバンバ川に沿って、約114km進んだ奥深いジャングルの中にある。遺跡は、標高2,940mのマチュ・ピチュ山(=老いた峰)と2,690mのワイナピチュ(=若い峰)を結ぶ尾根にまたがる、標高約2,400m付近に位置しており、麓とは約400mの標高差がある。断崖と尖った山々に囲まれ、遥か下を流れるウルバンバ川流域は密林に覆われたジャングル。
麓からその姿を確認することは出来ないことから、『空中都市』といわれている。

空中から見たマチュ・ピチュは総面積5k㎡。その約3分の2が山の斜面を利用した段々畑(アンデネス)になっている。

マチュ・ピチュが建造されたのは、15世紀半ば~16世紀前半(インカ帝国形成期~スペイン侵略直前)とされていたが、遺跡の最も古い部分は今から2,000年前に建造されたという説もあり、少なくともインカ以前から存在していたと考えられる。建造の目的もはっきりと分かっておらず、要塞説、神殿説、9代皇帝パチャクティの離宮説等、諸説ある。

インカ帝国の滅亡からおよそ400年経った1911年7月24日、伝説の都ビルカバンバを探していたアメリカ人歴史学者ハイラム・ビンガムによって、発見された。



マチュ・ピチュ地図

今回、私たちがこだわったマチュ・ピチュ唯一のホテル 『 マチュピチュ・サンクチュアリ・ロッジ 』は遺跡の入り口すぐそば、地図で言うと左端にあります☆

麓のアグアス・カリエンテスからジグザグ道(ハイラム・ビンガム・ロード)を登り、ホテルにチャックインした後は、いよいよマチュ・ピチュ観光の始まりです!!!



ただいまー!!


無事、帰国しました ☆

帰国

行くしかないねと言って、行っちゃった旅から帰ってきました。
行き先は、” バリ ”です。

久しぶりにじっくり滞在型でのんびりリフレッシュしてきました。



バリで見つけたカエルたち。夜には口からビームが出ます278



ALBUM 『 世界遺産 白川郷 』

『 世界遺産 白川郷 』


白川郷6

村から少し上がった丘?山?から、雨上がりの村を撮ってみました☆




ALUBUM 『 世界遺産 白川郷 』

『 世界遺産 白川郷 』


白川郷5


村のお土産やさん。とっても雰囲気があって、しばらく見つめていました。
「あぁ、ずっと昔からこの姿なんだなぁ」って☆




ALBUM 『 世界遺産 白川郷 』

『 世界遺産 白川郷 』


白川郷4

時々、通りがかりの人がやぐら?の下で休憩していきます。
レモンも座ってみました☆ 穏やかなゆっくりした時間が流れました。
ここに上がって鐘を鳴らしてみる?!ってイタズラ心もムクムク235




ALBUM 『 世界遺産 白川郷 』

『 世界遺産 白川郷 』


白川郷2

”和み”です☆



ALBUM 『 世界遺産 白川郷 』

『 世界遺産 白川郷 』


白川郷3

もうすぐ ” ” ですね。
TVで 「今年は残暑も厳しいですよ~」 って聞いた次の日から、毎日 ” 雨 ” です。
今年は天気予報士さん、お空に裏切られてばっかりですね。




ALBUM 『 世界遺産 白川郷 』


『 世界遺産 白川郷 』


白川郷1


二人で、日本の世界遺産 『 白川郷 』 に行きました。
ここでもしっかり ” 雨 ” です・・・。
旅に出ている間、普段ご紹介することのない国内旅行をちょっぴり出してみることにしました☆

『 白川郷 』 はレモンの思い出の場所です。
小学校の修学旅行できました。実際にこの↑お家に泊めてもらえます。
レモンは ” 利兵衛 ” さん家でした。子供の頃の印象的な出来事って、忘れないんですね。
その後、家族とも来ました。思い出2倍の場所です☆





お知らせ



       旅にでてきます☆



今年はペルーにも行ったし、あとはおとなし~くするつもりだったのですが、
ペルーに行ったおかげで?マイルがたまったので、
「あぁ仕方ない!これは行くしかないね~278」ってなりました237

どこに行くかは・・・ ナイショ☆
そのうち、ご報告します。





Copyright © 旅 時々 Photo ところにより にわか雨 . all rights reserved.