FC2ブログ
旅 時々 Photo ところにより にわか雨 
旅行と写真好きな管理人が、旅に関する色々な情報を自分勝手に提供します。☆☆現地情報やツアー情報等満載☆☆
ギリシャ・イタリアの旅 『 アクロポリスの丘 』 編 その1


アクロポリスの丘 (Acropolis) ★★★
アクロポリスの丘

アクロポリスの丘2
アクロポリスとは、 ” 高い丘の上の都市 ” という意味。 (アクロ=丘、ポリス=都市国家)古代この丘は神殿が建てられた聖域であり、ポリスの防衛の要塞でもあった。

アクロポリスの丘の歴史は古く、紀元前2800年頃の新石器時代から人々が住みはじめ、
紀元前1300年頃(青銅器時代末期)には城壁が築かれていた。

その後5世紀の間、ギリシャ全土が暗黒時代に入る。
紀元前6世紀に入り、破損や倒壊した建物などの修復作業が盛んに行われるが、
再びペルシヤ戦争で痛めつけられ、破壊状態となる。

ペルシャ軍の残虐行為を語り継ぐために、サラミス戦争で勝利をおさめた後も30年間、
荒れ果てたアクロポリスの丘を放置した。

紀元前447年、復興に執念を燃やした時の指導者ペリクレスは、最高の技術者、芸術家たちを終結させ、最高の建造物やポリスを造ろうと躍起となる。

しかし、紀元前431年にペロポネソス戦争が起こり、大規模な神殿計画は困難となる。
紀元前395年のエレクティオン神殿の完成までは何とかこぎつけた。

敗戦という憂き目にあったギリシャは、ローマ軍の配下の元に管理されることになる。そのため、アクロポリスは純粋なギリシャ建築だけでなく、ローマ式も入っているのである。

1453年にはオスマン・トルコがギリシャを支配し、ギリシャを舞台に数々の戦いが約400年間も続いたため、アクロポリスは戦いの犠牲になり貴重な建造物を失っていった。

とうとう来ました。アテネ189
現代の街の中心に、紀元前の神殿が浮かんでるーーーーーーーっ!!!!
写真やテレビでしか見たことのなかったその光景が目の前に。
そこだけ時の流れが止まっているようです。
なんか、本当に信じられない気分です。

あの有名な遺跡を肉眼で見ているんですよ。
しかも、紀元前の建築物ですよ。(バジルは興奮しきりです。)

丘の上からアテネの町を見下ろして、興奮もピークに達したレモンは、
石の壁(遺跡ではないですよ)にしがみつき、早くも結婚指輪を傷ものにしてしまいました。

スポンサーサイト







Copyright © 旅 時々 Photo ところにより にわか雨 . all rights reserved.